ニートでも就職しやすいおすすめの仕事8選【就職率8割超の就職支援も紹介】
恐怖を感じる女性

「ニートを卒業して正社員に就職したい!でも空白期間が長いと難しい?そもそも正社員就職なんてニートには夢のまた夢かな・・・」

こんな疑問、悩みに答えます。

このブログでは「ニートから正社員就職を目指している方」に向けて、以下の内容・目的で記事を書いていきます。

この記事でお伝えすること(目次)

  1. ニートでも就職しやすいおすすめの仕事8選
  2. ニートが就職活動時にやりがちな遠回りになる行動
  3. ニートの就職活動で不安に感じるポイントと対策
  4. 正社員に就職できないニートの特徴3選
  5. 就職内定率8割超えのニート向け就職支援サービス5選

ニートでも正社員就職は可能です。

なぜなら、人手不足に苦しむ業界は多いから。
かつ労働力減少をうけ潜在的労働力の活用が進んでいることも理由として挙げられます。

でも、ニートなら誰でも就職できるわけではありません。

適切な就職支援や具体的な対策は必須。
ニートが就職を目指すためには戦略的な行動が重要だといえます。

ニートでも就職しやすいおすすめの仕事と就職率8割超の就職支援を詳しく解説していきます。

そうま@ブログ管理人そうま@ブログ管理人

「就活で不安に感じるポイントや就職できないニートの特徴なども網羅的に情報をまとめていきます。今まさにニートから正社員就職を目指している方は、ぜひ参考にしてみてください!」

ニートでも就職しやすいおすすめの仕事8選

早速ニートでも就職しやすいおすすめの仕事8選についてまとめていきます!

おすすめの理由を仕事ごとに解説していきます。
かつ、その仕事に就くための利用すべき就職支援も合わせてまとめていきます。

【仕事1】営業

「営業」

【仕事2】接客・サービス

「接客・サービス」

【仕事3】製造

「製造」

【仕事4】介護

「介護」

【仕事5】運輸

「運輸」

【仕事6】建築

「建築」

【仕事7】農業

「農業」

関連記事:学歴関係なく稼げる仕事10選【学歴不問のおすすめ職種に就くための対策も解説】

【仕事8】漁師

「漁師」

関連記事:低学歴でも高収入を狙える仕事8選【年功も関係なく下剋上可能なスキルも紹介】

ニートが就職活動時にやりがちな遠回りになる行動

ここまでニートでも就職しやすいおすすめの仕事を解説してきました。

疑問に思う女性

「ニートにおすすめの仕事は分かったけど、就活で気を付けるべき点ってある?初めての就職活動だから右も左も分からない・・・」

ニートでも就職することは可能です。
バイトや派遣など非正規ではなく正社員就職も十分狙えます。

ただ、やり方によっては就職するまでに時間がかかります。

ニートで就職活動するのは初めて。
そんな方にニートが就職活動時にやりがちな遠回りになる行動を解説していきます。

【遠回りな行動1】ニートの就活=ハローワーク一択と思いこむ

特に多いのが「ニートの就活=ハローワーク一択と思いこむ」

【遠回りな行動2】就活を始める前に資格を取りたがる

「就活を始める前に資格を取りたがる」

【遠回りな行動3】バイトや派遣など非正規社員から始める

「バイトや派遣など非正規社員から始める」

ニートの就職活動で不安に感じるポイントと対策

具体的に就職活動を始めると多くのニートは不安を抱きます。

ここからはニートの就職活動で不安に感じるポイントと対策をまとめていきます。

【不安1】空白期間が長いと就活には不利?

特に多い不安が「空白期間が長いと就活には不利になるかどうか」

結論からいえば不利になります。

【不安2】就職面接が苦手

コミュニケーションスキルが問われるため「就職面接が苦手」

【不安3】自己分析のやり方が分からない

新卒時のやり方とは異なる「自己分析のやり方が分からない」

【不安4】職務経歴書が書けない

「職務経歴書が書けない」

【不安5】ブラック企業への入社は避けたい

「ブラック企業への入社は避けたい」

ブラック企業を徹底排除!20代におすすめ就職エージェント3選

【不安6】就職してもまた辞めたくなるのではないか

「就職してもまた辞めたくなるのではないか」

正社員に就職できないニートの特徴3選

ここまで就活時、遠回りになる行動と不安に対する対策を解説してきました。

ただこれらの取り組みでも就職できないニートはいます。
根本的に意識を変えなければニートから抜け出すのは難しいといえます。

正社員に就職できないニートの特徴とは何か?
特に多い残念な典型例を3つご紹介していきます。

【特徴1】適切な就職支援を使っていないニート

「適切な就職支援を使っていないニート」

【特徴2】自助努力をしていないニート

「自助努力をしていないニート」

【特徴3】仕事を選り好みしているニート

「仕事を選り好みしているニート」

就職内定率8割超えのニート向け就職支援サービス5選

就職内定率8割超えのニート向け就職支援サービス5選を解説していきます!

就職支援サービスとは「就職エージェント」
ニート向けに特化したこれらのサービスを利用するのが賢明です。

なぜならニート専門なので就職率が高い!
サービスによっては8割を超える就職エージェントも存在します。

【ニート向け1】就職Shop

「就職Shop」

『就職shop』公式ホームページはこちら!
【就職shopの評判が気になる方はコチラの記事をご覧ください】

【ニート向け2】UZUZ(ウズキャリ)

「UZUZ(ウズキャリ)」

『UZUZ』公式ホームページはこちら!
【UZUZの評判が気になる方はコチラの記事をご覧ください】

【ニート向け3】ジェイック

「ジェイック」

『ジェイック』公式ホームページはこちら!
【ジェイックの評判が気になる方はコチラの記事をご覧ください】

【ニート向け4】第二新卒エージェントneo

「第二新卒エージェントneo」

『第二新卒エージェントneo』公式ホームページはこちら!
【第二新卒エージェントneoの評判が気になる方はコチラの記事をご覧ください】

【ニート向け5】DYM就職

「DYM就職」

『DYM就職』公式ホームページはこちら!
【DYM就職の評判が気になる方はコチラの記事をご覧ください】

就職しやすいは嘘?本当はニートに就職が難しい仕事

最後に参考情報として、仕事選びで気になったことを記載します。

それはニートにおすすめの仕事として「ITエンジニア」が他メディア記事で紹介されていること。

私自身、ニートから正社員を目指して就職活動を行ってきました。
就職エージェントに登録して、紹介されるのは営業や接客など未経験からでも始められる仕事が主でした。

ただITエンジニアなど専門職は紹介されたことがありません。
そもそもスキルや経験がない状態で、ITエンジニアへの就職は断言して難しい(というより無理)です。

実際、口コミにもIT業界の就職活動は難しいともコメントが投稿されています。

パソコンを打つ男性

「ニートです。先月からIT業界(Web系)を中心に就活をはじめ、何社か面接させていただくことができました。ですが、とりあえずで始めてしまったので上手くいきませんでした。今のまま続けても意味がないので、根本から見直そうとしたのですが、まず何からやろうかすら思いつかず、困っております。」
引用: Yahoo!知恵袋「人間関係の悩み」

もし、ITエンジニアに就職したい方は就活サポート付きのプログラミングスクールに通うのが賢明です。

スクールのアドバイザーに相談しても認識は一致してました。
経験はおろかプログラミングスキルゼロの状態でエンジニア就職はほぼ無理だと。

就職できても従業員を酷使するブラック企業。
スキル習得どころか長時間労働で心身疲弊は免れません。

正攻法で攻略するのが賢い取り組みです。
20代であればニートであっても受講料無料で通える優れたスクールもありますのでおすすめを3つご紹介します。

無料で受講可能!20代特化のおすすめプログラミングスクール3選

プログラミングの無料体験を受けてみたい方はこちらをご覧ください。
さらに現役エンジニアに個別の無料キャリアカウンセリングを受けてみたい方はこちらをご覧ください。

まとめ:適切な就職支援と対策でニートでも正社員就職は可能

ニートでも就職しやすいおすすめの仕事と就職率8割超の就職支援情報をまとめてきました。

改めてニートでも就職しやすいおすすめの仕事をまとめると、

ニートでも就職しやすいおすすめの仕事

  1. 営業
  2. 接客・サービス
  3. 製造
  4. 介護
  5. 運輸
  6. 建築
  7. 農業
  8. 漁師

20代ニートに特化!正社員就職を目指すおすすめ就職エージェント3選(Web面談実施中)