「社会復帰するのが怖いし不安」←元無職ニートが具体的な3つの解決策を紹介
悩む女性

「かれこれ2年以上ニート生活。社会復帰したいけど怖いし不安。。私はどうしたらいい?何かよい解決策はありませんか?」

こんな疑問、悩みに答えます。

このブログでは「社会復帰するのが怖いし不安を感じるニートの人」に向けて、以下の内容・目的で記事を書いていきます。

この記事でお伝えすること(目次)

  1. 社会復帰するのが怖いし不安な人への3つの解決策
  2. 社会復帰を怖いと感じる最大の原因は「選択肢の少なさ」
  3. 自分らしく社会復帰するのが怖さも不安も解消する唯一の方法

調査から『96%』もの主婦が社会復帰に不安と回答。
主婦に限らず、多くの社会人が社会復帰に恐怖を感じています。

あなたも、社会復帰するのが怖いですか?

そのお気持ち、よく分かります。
なぜなら、社会が怖いから離脱したのにまた同じ社会に復帰することに不安を感じるのは当然だからです。

でも、大丈夫。
社会復帰に向けて解決策を探すべく当ブログまで訪れたあなた。

すでに解決策を探す「行動」をおこしてますよね。

これは大きな一歩です。
あとは解決策を実行するだけで不安は解消されます。

社会復帰するのが怖いあなたへ解決策と不安を感じる最大の原因についても詳しく解説していきます。

そうま@ブログ管理人そうま@ブログ管理人

「解決策を3つまとめていきます。今まさに社会復帰に向けて行動を起こしたい方は、ぜひ参考にしてみてください!」

社会復帰するのが怖いし不安な人への3つの解決策

早速社会復帰するのが怖いし不安な人への3つの解決策をご紹介します。

結論からいえば解決策は「働くこと」
行動して働くことで社会復帰の不安は解消できます。

なぜなら、まだ見ぬ未来へ不安を抱き続けても一生解決されないから。

「社会復帰するのが怖い」はまだ行動してない状態。
行動して社会に復帰してはじめて問題は解決できます。

とはいえ、様々な理由から社会復帰が難しい人がいるのも事実。

なので以下程度の度合い別に解決策をまとめていきます。
社会復帰への不安度合いが軽症から重症まで分けて適切な解決策をご覧ください。

社会復帰への不安度合い表 症状 解決策 適切な手段
軽症 ・社会復帰したい
・でも就職できるか不安
・自分に合った仕事が見つかるか不安
・正社員として就職する ・専門の就職支援サービスを利用する
中等症 ・責任が重い
・正社員の自信がない
・まずは社会活動になれること
・正社員ではなくバイトなど非正規社員から働く
・求人サイトを利用する
重症 ・社会復帰できない
・会社に就職できない
・完全に人間関係を遮断する
・在宅ワークの仕事に取り組む
・在宅でできる仕事を探す
・在宅ワークに必要なスキルを身につける

【解決策1】正社員として就職する

社会復帰への不安が軽症の場合は「正社員として就職する」

20代の無職ニートに特化!正社員就職を目指すおすすめ就職エージェント3選(Web面談実施中)

【解決策2】社会になれるためにまずはバイトからはじめる

社会復帰への不安が中等症の場合は「社会になれるためにまずはバイトからはじめる」

関連記事:ニートやめて働きたい時どうすれば?【まずは社会生活に慣らすのが大事】

【解決策3】人間関係を遮断するために在宅ワークに取り組む

そして社会復帰への不安が重症の場合は「人間関係を遮断するために在宅ワークに取り組む」

関連記事:引きこもりを脱出できる唯一の方法は「在宅ワーク」【理由とおすすめを5つ紹介】

社会復帰を怖いと感じる最大の原因は「選択肢の少なさ」

ここまで社会復帰するのが怖い人への解決策を解説してきました。

社会復帰を怖いと感じるのには様々な理由があります。

社会復帰を怖いと感じる理由

  • 無事に就職できるか不安
  • 面接がうまくいくか不安
  • 面接でとやかく聞かれないか不安
  • 就職できても人間関係がうまくいくか不安
  • 仕事をうまくできるか、迷惑をかけないか不安
  • また同じ理由で辞めてしまうのではないか不安

様々な理由から社会復帰を怖いと感じます。
でも、あなたは怖いと感じる最たる原因について考えたことはあるでしょうか?

その社会復帰を怖いと感じる最大の原因は「選択肢の少なさ」

多くの社会人は「社会復帰=会社に就職すること」
会社で働くこと、会社員になることがすべてだと思い込んでいます。

現代は働き方を自由に選択できる時代

しかし、現代は働き方を自由に選択できる時代です。

会社員になること、外で働くことが社会復帰ではありません。
実際、フリーランスなどの自由な働き方を選ぶ人は年々増えています。

さらに同一労働同一賃金の施行によって、非正規社員との待遇差は解消が見込まれます。

つまり、会社に就職することが社会復帰のすべてではありません。

関連記事:正社員に疲れた?きついなら辞めていい【働き方は多様で仕事が全てではない】

多くの選択肢が準備されていることに気付くことが重要

ここまで社会復帰が怖い人への解決策をまとめてきました。

本記事でお伝えしたいのは多くの選択肢が準備されていることに気付くことが重要だということ。

社会が怖いから離脱したのにまた同じ社会に復帰することに不安を感じるのは当然です。

なぜなら、社会復帰する選択肢は一つしかないと追い込んでしまっているから。

選択肢が少ないと人間は逃げ道を作れなくなります。
結果、窮屈を感じ閉ざされた状況下で不安な心理状態に陥ってしまいます。

まずは、社会復帰にも多くの選択肢が準備されていることに気付きましょう。
そして、その中から自分にあった働き方・仕事を選ぶのが最たる解決策だといえます。

関連記事:「仕事辞めたら人生楽しすぎ?」←人生の選択肢が増えて心から楽しめます

自分らしく社会復帰するのが怖さも不安も解消する唯一の方法

ニート状態にあることに精神的な負担を感じる人は多くいます。
特に「仕事をしていないとうしろめたい」と感じる人は8割を超えています。
(出典:厚労省「ニートの状態にある若年者の実態および支援策に関する調査研究報告書」

つまり、社会復帰したいのに社会復帰する勇気を持てない人が多いということ。

でも大丈夫、多くの選択肢の中から選んで働けます。
現代は働き方を自由に選択できる時代で、昔とは違います。

ただ選択肢が多ければ多いほどいいか?と問われたら「NO」です。
なぜなら、選択肢が多ければ多いほど不幸を感じやすくなる心理作用があるからです。

この状況を「選択のパラドックス」と呼びます。

つまり、自分らしく社会復帰するのが怖さも不安も解消する唯一の方法です。

20代の無職ニートに特化!正社員就職を目指すおすすめ就職エージェント3選(Web面談実施中)

まとめ:社会復帰するのが怖いし不安な最たる原因は選択肢が少ないこと

社会復帰するのが怖いし不安な人への解決策をまとめてきました。

改めて社会復帰するのが怖いし不安な人への解決策をまとめると、

社会復帰するのが怖いし不安な人への3つの解決策

  1. 正社員として就職する
  2. 社会になれるためにまずはバイトからはじめる
  3. 人間関係を遮断するために在宅ワークに取り組む

20代の無職ニートに特化!正社員就職を目指すおすすめ就職エージェント3選(Web面談実施中)