20代で正社員になれない人の特徴5選【登用制度は嘘?なれない例外もあり】
頭をかかえて悩む男性

「正社員になりたくてもなれない!何か原因はあるのかな?正社員になれると聞いて登用制度のある会社にも入社したけど・・・」

こんな疑問、悩みに答えます。

このブログでは「正社員になりたくてもなれない20代の方」に向けて、以下の内容・目的で記事を書いていきます。

この記事でお伝えすること(目次)

  1. 20代で正社員になれない人の特徴5選
  2. ただし正社員になりたくてもなれない原因あり
  3. 登用制度を利用しなくても堅実的に正社員を目指す方法

そうま@ブログ管理人そうま@ブログ管理人

「今まさに正社員になれず、この先の将来が不安になっている方は、ぜひ参考にしてみてください。」

20代で正社員になれない人の特徴5選

20代で正社員になれない人の特徴5選をまとめていきます。

正規職員:5,328千人
非正規労働者:2,047千人

非常に多くの非正規労働者がいます。
なぜ正社員になれないのか?正社員になれない人の特徴をまとめていきます。

【特徴1】やる気がない

「やる気がない」

【特徴2】行動してない

「行動してない」

【特徴3】希望が高すぎる

「希望が高すぎる」

【特徴4】選考対策が不十分

「選考対策が不十分」

【特徴5】受かる自信がない

「受かる自信がない」

ただし正社員になりたくてもなれない原因あり

ただし正社員になりたくてもなれない原因もあります。

その一つが「不本意非正規社員」

不本意非正規雇用者の人数も、2019年には236万人と前年比-23万人と減少している。

ではなぜ、正規の求人枠、仕事がないのか?
原因はどこにあるのでしょうか、探ってみたいと思います。

【原因1】そもそも正社員を登用する制度がない

「そもそも正社員を登用する制度がない」

正社員登用制度を導入していない企業が半数以上。
(出典:厚労省「正社員登用制度の導入状況」

【原因2】正社員登用は嘘?ブラック企業の手口

「正社員登用は嘘?ブラック企業の手口」

【原因3】登用制度はあってもハードルが異常に高い

「登用制度はあってもハードルが異常に高い」

登用制度を利用しなくても堅実的に正社員を目指す方法

登用制度を利用しなくても堅実的に正社員を目指す方法があります。

それが就職エージェントを利用する方法

ブラック企業を徹底排除し39歳まで利用可能な就職支援サービス

ブラック企業を徹底排除し39歳まで利用可能な就職支援サービス

書類選考なしの未経験から正社員を目指す就職支援サービス

書類選考なしの未経験から正社員を目指す就職支援サービス

徹底した面接対策から入社後定着率の高い就職支援サービス

徹底した面接対策から入社後定着率の高い就職支援サービス

まとめ:登用制度が嘘でも正社員になる堅実的な方法が就職エージェント

20代で正社員になれない人の特徴と登用制度に関する情報をまとめてきました。

改めて20代で正社員になれない人の特徴をまとめると、

  • 【特徴1】やる気がない
  • 【特徴2】行動してない
  • 【特徴3】希望が高すぎる
  • 【特徴4】選考対策が不十分
  • 【特徴5】受かる自信がない

無料で手厚いサポートが受けられる!20代におすすめ就職・転職エージェント3選