新卒で就職した企業がブラックだった?大半は黒です【原因と失敗しない転職方法】
頭をかかえて悩む男性

「新卒で就職した企業がまさかのブラックだった!このまま働くべき?それとも転職したほうがいい?でも早期離職は履歴書にも傷がつくし・・・どうすればいいか教えてほしい!」

こんな疑問、悩みに答えます。

このブログでは「新卒で就職した企業がまさかのブラックで辞めようか迷っている方」に向けて、以下の内容・目的で記事を書いていきます。

この記事でお伝えすること(目次)

  1. 新卒で就職した企業がブラックだった?大半は黒です
  2. 失敗しない転職活動は転職のプロに頼るのが最適解

法令に違反するいわゆる「ブラック企業」

誰もブラック企業なんぞには入社したくありません。

でも「入社してみたらブラックだった!」
と、転職回数の多い人でも未だに失敗します。

なので、新卒にその会社がブラック企業かどうか見分けられるはずがありません。

大事なのは「失敗しない転職方法」を身につけること。
早期離職となっても正社員として転職成功に導く方法と注意すべき点もまとめていきます。

そうま@ブログ管理人そうま@ブログ管理人

「もし、今すぐブラック企業から抜け出したい方は転職エージェントの利用を強くおすすめします。留まってもメリットはありません。早々に見切ってキャリア選択の幅を広げたほうが、可能性は広げられます。」

ブラック企業を徹底排除!20代におすすめ就職エージェント3選

新卒で就職した企業がブラックだった?大半は黒です

あなたは、日本にどれくらいのブラック企業が存在するかご存知でしょうか。

答えは『約7割』です。
(出典:厚労省「労働基準監督年報」

半分以上の会社が何らかの法令に違反するブラック企業。
はい、「新卒で就職した企業がブラックだった!」と驚くどころか大半は黒なんです。

ではなぜ、新卒はブラック企業に入社してしまうのか?
これほどブラック企業が存在するなか法令に違反する会社を選んでしまうのでしょうか。

その原因とブラック企業への対策についてまとめていきます。

悪いのはブラック企業の存在自体が根源的な原因

そもそもの話からすると悪いのはブラック企業の存在。
決して、入りたくてブラック企業を選んでいるわけではありません。

悩む男性

「超絶なブラック企業から転職したいですorz現在25歳、ブラック企業で1年働きました。2留し就活を適当にやった結果、現在の超絶ブラック企業に就職してしまいました。今更ですが死ぬほど後悔しています。」
引用: Yahoo!知恵袋「転職」

実際、多くの人はブラック企業へ入社してしまったことを後悔します。

それも就活を適当にしてしまったことを悔やみます。
もっと自己分析や企業研究を慎重に行い、就活を真剣に取り組めばよかったと落胆します。

でも間違ってはいけないのは悪いのはブラック企業の存在自体が根源的な原因であるということ。

企業は労働者に安全と健康を確保し、快適な職場環境を形成する義務があります。
(出典:厚労省「労働条件・職場環境に関するルール」

そして、労働者を雇う以上は労働者の将来に責任を負うべきです。
企業の利益優先の体質、希望を潰す行為は絶対にあってはならないことです。

なので、新卒でブラック企業に入社してしまったのはあなたのせいではありません。

関連記事:零細企業への就職はやめとけ?その理由と小さい会社に務める3つのリスクとは

就活生にブラックかホワイトかなんて見分けられない

現在ブラック企業で苦しめられているのはブラック企業が存在していることが原因です。

決してあなたのリサーチ不足など努力不足ではありません。
まして就活生にブラックかホワイトかなんて見分けられるわけありません。

一つ就職活動に関する調査結果をご紹介します。
パーソル総合研究所が公表する「就職活動と入社後の実態に関する定量調査」

本調査の「成長」「働くを楽しむ」の実現に関する以下の結果をご覧ください。

入社前の学生のうち『79.3%』が「働くを楽しみたい」と回答。
一方、実際に楽しめている社会人(入社1~3年目)はわずか『35.3%』

その差は『44.0pt』にもおよびイメージギャップを受けていることが分かります。

学生が就活で得られる企業情報はたかが知れています。
大企業か中小・ベンチャーなのか、給料はどれくらいで福利厚生の種類など。

表面的な情報でしか判断することができません。
つまり、企業の内情実態(社内の雰囲気、営業ノルマの有無など)まで把握するのは困難です。

関連記事:「20代で仕事が見つからない」は言い訳【無職経験者が論破しつつ解決策を提示】

ブラック企業を滅ぼすためにはホワイト企業へ転職するしかない

ブラック企業の存在理由は一つで「利益追求のため」

ブラック企業の悪行で最も多い法令違反は「労働時間」
次いで多いのが「割増賃金」だと労働基準監督年報に記されてます。

つまり、長時間労働を強制し、挙句時間外労働などの割増賃金は未払いの実態が多く散見されます。

ブラック企業は法令違反を繰り返し労働者から時間も労働力も搾取し利益を上げて生存し続けています。

一方、ホワイト企業は残業代も支給されます。
しかし、利益を比較するとホワイト企業よりブラック企業のほうが当然多くなります。

結果ブラック企業だけが生き残り、ホワイト企業は潰れていく構図が出来上がります。

これがブラック企業が生存できている理由です。
なので、ブラック企業を滅ぼすためにはホワイト企業へ転職するしかないのです。

関連記事:ハローワークの求人はブラックばかり?【ホワイト・優良企業との見分け方も解説】

失敗しない転職活動は転職のプロに頼るのが最適解

疑問に思う男性

「日本企業の大半がブラック企業なのは分かったけど、どうやったら就職に失敗しないで済む?」

先ほどのパーソルの調査報告書で入社前後のギャップを防ぐ重要なポイントが記されていました。

それが「入社前の会社・適性理解をいかに高めるかが重要」
つまり、自己分析と企業研究が失敗しない就職には必要不可欠だということです。

ただ、一人で取り組めるほど簡単なことではありません。
そこで役に立つのが「転職支援サービス」を活用する方法です。

つまり、失敗しない転職活動は転職のプロに頼るのが最適解だといえます。

転職のプロを活用するメリット

転職のプロとは「転職エージェント」のこと。
転職のプロを利用するメリットとは何なのでしょうか?

利用者サイドのメリットは以下の通りです。

転職のプロを利用するメリット

  1. 将来のキャリア形成に合致した求人紹介を受けられる
  2. 面接対策や自己分析など客観的な評価・情報を得られる
  3. 応募企業の内情や会社の雰囲気、社長の人柄まで聞き出せる

特にメリットを感じるのが③。

転職エージェントは100%取材済みの会社のみを紹介します。
そのため、中で働く従業員以上に会社のことを知り尽くしているといっても過言ではありません。

また、面接対策や自己分析は客観的な評価があってはじめて精度を高められます。

プロのアドバイスがあるからこそブラッシュアップも可能。
転職エージェントは転職を考えるすべての利用者に適したメリットを享受しうる優れたサービスといえます。

無料で手厚いサポートが受けられる!20代におすすめ転職エージェント3選

ブラック企業の求人を徹底排除した転職エージェントあり

そしてブラック企業の求人を徹底排除した転職エージェントがあります。

独自の厳しい審査基準を設け企業を精査。
取材と求人内容、企業情報からホワイト企業であるかを判断し求人掲載を承認しています。

つまり、転職エージェントに掲載される求人はすでにフィルタリングされた企業ということです。

以下の3社は特におすすめの転職エージェントです。
ホワイト企業のみを紹介し、利用者満足度とも実績を有する優れたエージェントサービス。

ブラック企業に転職したくない方には必須のサービスといえます。

ブラック企業を徹底排除!20代におすすめ就職エージェント3選

【疑問】早期離職は履歴書に傷がつくのでは?

ここで疑問点があります。

疑問に思う男性

「ブラック企業だと気づいて入社早々辞めて、再就職すると早期離職となって履歴書に傷がつくのでは?」

早期離職は履歴書に傷がつくのではないかどうか。
つまり、就職活動に不利になるのではないかという疑問。

結論からいえば「不利になる可能性あり」
なぜなら、企業側からの印象は決して良いものではないからです。

面接時には成長意欲を伝えるなどの工夫が必要になってきます。
(出典:リクナビネクスト「半年で会社を辞めましたが、書類や面接で不利にならない方法はありますか?」

でも入社3年以内に離職した新卒の意識調査をみてみると。
以下の通り、ポジティブに捉える意見が圧倒的多数はとなっています。

【あなたは新卒として所属した企業もしくは団体を3年以内で退職したことについて、どのように考えていますか?あてはまるものを選んでください。】

「3年以内で退職してよかった」と答えた割合は『77.3%』
8割弱もの新卒が、早期離職の選択肢に満足していることが分かります。

つまり、早期離職は再就職に不利にはたらくも判断に間違いはないということです。

今現在ブラック企業に在籍していて悩んでいる新卒の方。
留まっても得られるものはなく、早期に見切ったほうが今後のキャリア選択の幅は広がります。

もし退職が億劫なら「退職代行サービス」が便利です。
退職手続きの一切を代行サービスが手掛けてくれる画期的なサービス。

365日即日・全国対応でストレスなく会社から抜け出すことが可能です。

まとめ:ブラック企業に入社しないための対策が何より重要

新卒でブラックデビューしてしまう原因と失敗しない転職方法についてまとめてきました。

ブラック企業に誰も入社はしたくありません。
しかし社会人経験のない新卒にブラックかホワイトかの判断しようがありません。

ですので、再就職時には徹底した対策が重要。
その最たる術が、転職エージェントを活用する方法です。

転職エージェントを活用すればブラック企業の求人を回避することが可能です。

また早期離職のネガティブ要素も面接対策次第です。
3年以内の早期離職を選んだことによる満足度は高く、早々に見切るのが吉だといえます。

今現在ブラック企業に在籍する新卒の方。
このまま居続けてもメリットはなく、むしろデメリットでしかありません。

見切るなら早いうちから動き出すのが賢明です。
環境を変えることで、見える景色は180度変えることも可能です。

ブラック企業を徹底排除!20代におすすめ就職エージェント3選