「20代で仕事が見つからない」は言い訳【無職経験者が論破しつつ解決策を提示】
悩む女性

「仕事が見つからない・・・20代ってスキルも経験もないから就職には不利だよね。一度レールから外れると就職難民行き。。どうすればこの状況から抜け出せる?解決策なんてあるの?」

こんな疑問、悩みに答えます。

このブログでは「20代で仕事が見つからないと悩んでいる方」に向けて、以下の内容・目的で記事を書いていきます。

この記事でお伝えすること(目次)

  1. 「20代で仕事が見つからない」は言い訳
  2. 20代の転職で最も不安なことは「仕事への適性」
  3. 20代の転職で求められるのはスキルではなくポテンシャル
  4. 20代無職でも正社員として就職できる方法あり
  5. 向いてる仕事を自力で見つけられない20代に最適なサービス

20代で仕事が見つからないと悩む本当の理由・・・

それは「見つからない」ではなく「何がしたいのか分からない」のではないでしょうか?

仕事探しで悩んでいる20代に解決策を提示していきます。
無職経験者の私でも無事に就職できたので大丈夫、あなたにできないわけがありません。

そうま@ブログ管理人そうま@ブログ管理人

「今まさに仕事探しに行き詰ったり、キャリア選択に悩んでいる20代の方は、ぜひ参考にしてみてください。」

「20代で仕事が見つからない」は言い訳【無職経験者が論破します】

悩む女性

「20代後半の求職中の者です。なかなか仕事が見つからず困ってます。今のところは特にこれといってやりたいこともない状態です。」
引用: Yahoo!知恵袋「将来の夢」

20代で仕事が見つからないと嘆く方は多いです。
でも、そもそも20代で仕事は見つからないのでしょうか?

そんなことは決してありません。

なぜなら、転職サイトに仕事はいくらでも掲載されているからです。
「フリーターから正社員を目指す求人」に至っては4,000件を超えています。

むしろ20代は30代・40代に比べ仕事は見つけやすく、就職しやすい年代です。
(理由についてはコチラで説明しています)

それでもなぜ20代で仕事が見つからないのはなぜか?
結論からいえば「20代で仕事が見つからない」は言い訳だからです。

特に多い言い訳を無職経験者が論破していきます。

自分に合う仕事が見つからないから

絶望を感じる男性

「自分に合う仕事が見つからないです。いま20代前半です。いわゆる「シフト制」と言われる仕事ができないです。月に決まって仕事にいかないといけないのが耐えられないです。なんだか怖くなってしまうんです。」
引用: Yahoo!知恵袋「アルバイト、フリーター」

特に多い言い訳が「自分に合う仕事が見つからないから」

残念ながら「合う仕事」は見つかりません。
もっというと、様々な仕事を経験しないと合う仕事には巡り合えません。

日本にはどれくらいの仕事が存在するかご存知でしょうか?

答えは「17,209種類」です。
(出典:労働政策研究・研修機構「第4回改訂厚生労働省編職業分類」

かなり膨大な数の仕事がこの世の中を支えています。
社会経済を毎日まわして、人々の暮らしをより良くしようと努力しています。

目の前に仕事があるから仕事をしています。
別に合う仕事を見つけようと思って仕事はしていません。

なぜなら、自分に合う仕事に出会える確率は限りなく低いから。
天職に出会えた時には「偶然の産物」といっても過言ではありません。

つまり、合う仕事は見つけようと思って見つかるものでもない。
行動して、仕事を行うなかで偶然自分に合った仕事に巡り合えるのです。

無職で正社員の仕事が見つからないから

悩む男性

「20代前半の男です。今、無職ですが、正社員での仕事を探していますが、中々見つからない状況です。例え求人があっても、応募する勇気が無いです。」
引用: Yahoo!知恵袋「就職活動」

一度道から外れると悩むのが「無職で正社員の仕事が見つからない」

結論、正社員の仕事は確実にあります。
フリーターでも無職でも既卒であっても仕事は探せばあります。

でも見つからない?
それは「無職」である状況に自信が持てず、就職活動に踏み出す「勇気がない」から見つからないんですよね?

この解決策は行動するしかありません。

無職の状況を選んだのが本人であれば、抜け出すのも本人の努力次第です。
万が一リストラなど会社都合で無職になっても前に進まないと解決はしません。

会社はあなたを守ってなどくれません。
他の誰でもなく、あなた自身の人生はあなたが決めること。

勇気は行動することで生まれます。
無職が居心地良いは幻想、留まっても自信をますます失うばかりです。

関連記事:20代で正社員になれない人の特徴5選【登用制度は嘘?なれない例外もあり】

田舎に住んでいるせいで見つからないから

悩む女性

「20代前半の女です。田舎に住んでいるせいか、やりたい仕事も見つからなく1ヶ月半ニートをしています。毎日求人を見ていますがパッとしません。」
引用: Yahoo!知恵袋「職場の悩み」

都会に比べたら悩みが増える「田舎に住んでいるせいで見つからない」

この気持ちはよく分かります。
私も九州出身で就職活動時に非常に困った経験があるからです。

確かに都会に比べて田舎は仕事の数も種類も少ないです。

でも、嘆いても「田舎に仕事がない事実」は変わりません。
事実は変えられないけど、自分自身の状況は変えられます。

つまり、都会に出るなど仕事の選択肢を増やすのが解決策です。

「田舎だから仕事がない」、これは単なる他責思考。
自分自身の人生を他責にした時点で、「転がるチャンス」を見落とすことになります。

20代の転職で最も不安なことは「仕事への適性」

ここまで20代で仕事が見つからない理由をまとめてきました。

仕事は探せばあるとはいえ、20代は転職に対し不安を抱きます。
その20代の転職で最も不安なことは「仕事への適性」

20代専門の転職サイトを運営する「学情」の意識調査で『62.1%』もの20代社会人が不安と回答。

他の回答もみてみると、

  • 仕事内容が希望と合致しているか(61.2%)
  • 転職先の企業になじめるか(53.1%)
  • 転職先で求められているスキルや適性があるか(49.9%)

つまり、入社前後のギャップを不安視する意見が多くみうけられます。

もっというと、転職するためにはスキルや経験などの即戦力になりうるかを気にする声が多く散見されます。

20代の転職で求められるのはスキルではなくポテンシャル

20代は転職に対し、仕事なり会社に適性があるかを心配します。
でも、20代の転職は他の年代と「求められているもの」が大きく異なります。

それは20代の転職で求められるのはスキルではなくポテンシャルであるということ。

ポテンシャル採用とは?導入の背景と実例

企業は20代に何を求めて採用活動しているのでしょうか?

そのヒントとなるのが「ポテンシャル採用」
20代の転職は他の年代と異なりポテンシャル採用が用いられます。

ポテンシャル採用の実例として、大手IT企業のヤフーも導入実績あり。

20代は30代や40代に比べて、スキルがほぼゼロ。
戦闘力はゼロなのに、専用枠まで作って20代を採用したいのには当然理由があります。

その理由というのが「潜在能力重視」
つまり、他の年代にはない「やる気」や「素直さ」から見えてくる「将来性」を評価して採用します。

若いからこそ将来性があり、潜在能力は無限大です。

即戦力採用にはない魅力と価値がそこにはあります。
なので、20代は他の年代に比べても転職しやすい年代といえます。

関連記事:第二新卒の就活は厳しい?【戦略次第で内定率8割超!成功のカギは面接対策】

転職成功者の年齢割合で最も多いのが20代

ポテンシャル採用を利用しても転職に成功しなければ意味がありません。

しかし、転職成功者の年齢割合で最も多いのが20代
転職サイトdodaの調べで転職成功者の『約5割』が20代を占めています。

2019年と比較しわずかに2020年はポイントを下げています。
とはいえ、依然として20代に対するポテンシャルを重視する企業が多いことが分かります。

つまり、転職において最も重宝されるのが20代だと断言できます。

ちなみに転職成功者で多い職種は「IT関連」
エンジニア職や通信・インフラにかかわる職種への転職が増えています。

IT業界に興味はあるけど未経験の方はプログラミングスクールに通うのがおすすめです。

20代なら無料で受講でき就活サポートも受けられるスクールあり。
無職やフリーターでもIT職への就職成功に導く優れたサービスをご紹介します。

無料で受講可能!20代特化のおすすめプログラミングスクール3選

20代無職でも正社員として就職できる方法あり【内定率8割超えの方法】

疑問に思う男性

「20代の転職はポテンシャル採用でスキル重視ではないことは分かったけど、20代無職(ニート)でも無事に内定が取れるかどうか不安・・・」

ここからは20代無職で就職を目指したい方に!
就職内定率8割超えの20代無職でも正社員として就職できる方法をご紹介していきます!

【方法1】就職相談しやすさNo.1の「第二新卒エージェントneo」

就職相談しやすさNo.1を獲得した「第二新卒エージェントneo」

就職支援実績は22,500人を突破!
熱い支持を集める理由に以下の3冠達成があります。

・面接対策満足度No.1
・就職転職満足度No.1
・就職転職相談しやすさNo.1

20代若年層に寄り添う就職支援が人気。
無職など職務経験がなくても就職支援実績は10,000人を超えています。

正社員に就職したいけど何から始めたらいいか分からない。
就職エージェントと合うのも怖い、そんな不安を抱える方に利用してほしい支援サービスです。

『第二新卒エージェントneo』公式ホームページはこちら!
【第二新卒エージェントneoの評判が気になる方はコチラの記事をご覧ください】

【方法2】登録から転職成功まで最短2~3週間の「キャリアスタート」

登録から転職成功まで最短2~3週間の「キャリアスタート」

キャリアスタート最大の特徴は「求職者と企業のマッチング分析」

求職者の性格からスキル、希望のキャリアをヒアリング。
本人の特性を見極めながら適した求人を紹介してくれる懇切丁寧なサポートが最大の強みです。

そして、紹介する企業もすべて調査済み。
好待遇案件を多数保有し、入社前後のギャップを取り除いてくれます。

自分に適した会社・仕事が何なのか?まだ分かっていない方の最初の利用に適しています。

『キャリアスタート』公式ホームページはこちら!
【キャリアスタートの評判が気になる方はコチラの記事をご覧ください】

【方法3】他社の10倍サポートに時間をかける「UZUZ(ウズウズ)」

他社の10倍サポートに時間をかける「UZUZ(ウズウズ)」

就業支援実績が累計35,000人を突破。
そして、フリーター・ニート・大学中退・第二新卒・既卒の入社後定着率は9割以上!

内定率も86%と優れた実績をたたき出す最大の要因は「面接対策」

就職希望者に合わせた個別就業サポートを実施。
特徴は、他社の10倍サポートに時間をかけるオーダーメイド型サポート。

これにより、特に苦手な面接対策への取り組みが強化されます。

面接対策が苦手な方や対策そのもののやり方が分からない方。
キャリアカウンセラーと一緒に就職活動を乗り越えたい方におすすめの支援サービスです。

『UZUZ』公式ホームページはこちら!
【UZUZの評判が気になる方はコチラの記事をご覧ください】

向いてる仕事を自力で見つけられない20代に最適なサービス

疑問に思う男性

「正社員に就職はしたいけど、そもそもどんな仕事に向いてるのか分からない・・・こんな時自己分析をするべきなんだろうけど、やり方も分からない。。」

「仕事をしたい。」
「でも、何が向いているのか分からない。」

そんな向いてる仕事を自力で見つけられない20代に最適なサービスがあります。

そのサービスとは「プロのキャリアコーチング」
自己分析から将来のキャリア設計の一助を担います。

「自己分析」とは己の強みを把握すること。
強みの把握が、結果的に向いてる仕事・適職に繋がります。

しかし自己分析のやり方に不安を覚える方は多い。
なぜなら、潜在的な強みまで客観的に分析し理解するのは至難の業だから。

そこで有効な手段が「誰かにアドバイスをもらう」ということ。

プロスポーツ選手も必ずプロのコーチが指導しますよね。
仕事も同じで、プロのキャリアコーチングを受けたほうが方向性は見出しやすくなります。

無料相談だけでも非常に有益なアドバイスがもらえて、心のモヤモヤは軽くなります。

自己分析に役立つ!プロによるキャリアコーチングサービスおすすめ3選

まとめ:まずは行動して経験することで仕事の向き不向きは見えてくる

「20代で仕事が見つからない」が言い訳の理由と解決策をまとめてきました。

改めて20代で仕事が見つからない理由を挙げると、

  • 自分に合う仕事が見つからないから
  • 無職で正社員の仕事が見つからないから
  • 田舎に住んでいるせいで見つからないから

仕事は探して見つけるものではありません。
仕事に取り組むなかで偶然、向いてる仕事・適職に巡り合えます。

「20代で仕事が見つからない・・・」
そのように悩む方は、まずは行動して経験を積むことをおすすめします。

経験した中から自ずと自分の向き不向きは見えてきます。

無料で手厚いサポートが受けられる!20代におすすめ就職・転職エージェント3選

向いてる仕事が分からない方は、プロのキャリアコーチングにアドバイスもらうのが賢明です。

自己分析に役立つ!プロによるキャリアコーチングサービスおすすめ3選