第二新卒の就活は厳しい?【戦略次第で内定率8割超!成功のカギは面接対策】
疑問に思う女性

「第二新卒の就活って厳しいの?やっぱり早期離職者は企業は欲しがらないのかな。就活を成功させる対策や活動時の注意点があれば教えてほしい!」

こんな疑問、悩みに答えます。

このブログでは「第二新卒で就活を始めているor始める予定の方」に向けて、以下の内容・目的で記事を書いていきます。

この記事でお伝えすること(目次)

  1. 第二新卒の就活は厳しいかの結論とその理由
  2. 新卒が早期離職してしまう原因とは
  3. 第二新卒の就活を成功に近づけるための対策
  4. 第二新卒として就職活動をはじめる上での注意点

新卒や中途と同じく確固たる採用枠を持つ「第二新卒」

採用市場に固有名詞が生まれるほど、その注目度は高いことが明白です。

そして第二新卒の内定率は戦略次第で8割超え。
つまり、中途採用よりも採用に至りやすい明確な理由があります。

第二新卒が就職市場において求められる理由と就活を有利に進めるための対策を詳しく解説していきます!

そうま@ブログ管理人そうま@ブログ管理人

「企業は第二新卒に何を求めているのか?人物像や就活時の注意点など網羅的に情報をまとめていきます。今まさに第二新卒で就活を始める予定の方は、ぜひ参考にしてみてください。」

第二新卒の就活は厳しいかの結論とその理由

頭をかかえて悩む男性

「社会人2年目で転職をしようと決意しましたが、初めてのコトなので自分が本当に転職できるのか不安です。」
引用: Re就活「Re就活相談室」

新卒入社し1~3年で早期離職し就活する人材のことを指す「第二新卒」

「第二新卒の就活は厳しいのかどうか」
多くの第二新卒が就活に対して不安を抱いています。

結論からいえば「厳しくはない」
既卒者の内定率(34.4%*)より高く、中途採用よりも戦略次第で内定率を上げることは可能です。
(*出典:「2020年度マイナビ既卒者の就職活動に関する調査」

なぜ第二新卒の就活は厳しくないといえるのか。
その理由について、採用市場の特徴と企業側の思惑の観点から解説していきます。

【理由1】新卒採用の難航と早期離職者の増加が背景にあるから

まず1つ目の理由が「新卒採用の難航と早期離職者の増加が背景にあるから」

【理由2】新卒より採用・育成コストが抑えられるから

コスト面で比較しても「新卒より採用・育成コストが抑えられるから」

・1人当たりの採用単価を抑えられる新卒採用
・低リスクの採用サービスも多い中途採用

【理由3】中途採用より将来性に期待できるから

将来性で比較しても「中途採用より将来性に期待できるから」

「3年以下で離職した」というのはネガティブなイメージではありますが、将来を考えて若手社員の確保を図りたい企業にとって、第二新卒者は必要な人材です。特に新卒採用がうまくいかなかった企業や、若手社員が離職してしまった企業にとっては、第二新卒は狙うべきターゲットと言えるでしょう。

そして第二新卒を対象にした求人は多いのも理由として挙げられます。
(出典:リクルートエージェント「新卒入社1年目、2年目で転職は厳しい?」

新卒が早期離職してしまう原因とは

新卒が早期離職してしまう原因は何なのでしょうか。

企業とのミスマッチが起きて第二新卒での就職活動をはじめるきっかけになっている。

もっといえば、自己分析や企業研究が不十分であることが最大の原因といえます。

つまり、対策次第で内定率は上がることになります。

企業が第二新卒に求めるもの・人物像

企業が第二新卒に求めるもの・人物像

離職した理由を問われる事が多いのはそのためである。

第二新卒の就活を成功に近づけるための対策

内定を獲得して、納得のいく就活になるよう(ミスマッチですぐに退職とならないよう)

ここからは第二新卒の就活を成功に近づけるための対策を解説していきます。

大前提として第二新卒が内定率を挙げる方法は

【対策1】自己分析から将来のキャリアを見つめ直す

「自己分析から将来のキャリアを見つめ直す」

【対策2】企業ごとに徹底した面接対策に取り組む

「企業ごとに徹底した面接対策に取り組む」

『UZUZ(ウズキャリ)』公式ホームページはこちら!
【UZUZ(ウズキャリ)の評判が気になる方はコチラの記事をご覧ください】

【対策3】入社後のミスマッチ軽減のため企業研究を行う

「入社後のミスマッチ軽減のため企業研究を行う」

第二新卒に特化!正社員就職を目指すおすすめ就職エージェント3選(Web面談実施中)

第二新卒として就職活動をはじめる上での注意点

ここでは第二新卒として就職活動をはじめる上での注意点をまとめていきます。

【注意点1】就活のタイミングは離職後ではなく在職中に行う

「就活のタイミングは離職後ではなく在職中に行う」

【注意点2】Web面接への対応を万全にしておく

「Web面接への対応を万全にしておく」

【注意点3】第二新卒歓迎の企業を選ぶ

「第二新卒歓迎の企業を選ぶ」

まとめ:第二新卒の就活成功のカギは面接対策にあり

第二新卒の就活市場の現状と就活で成功するための対策について情報をまとめてきました。

改めて第二新卒が就職市場に求められる理由をまとめると、

  • 【理由1】新卒採用の難航と早期離職者の増加が背景にあるから
  • 【理由2】新卒より採用・育成コストが抑えられるから
  • 【理由3】中途採用より将来性に期待できるから

第二新卒に特化!正社員就職を目指すおすすめ就職エージェント3選(Web面談実施中)