第二新卒の就活は厳しい?【戦略次第で内定率8割超!成功のカギは面接対策】
疑問に思う女性

「第二新卒の就活って厳しいの?やっぱり早期離職者は企業は欲しがらないのかな。就活を成功させる対策や活動時の注意点があれば教えてほしい!」

こんな疑問、悩みに答えます。

このブログでは「第二新卒で就活を始めているor始める予定の方」に向けて、以下の内容・目的で記事を書いていきます。

この記事でお伝えすること(目次)

  1. 第二新卒の就活は厳しいかの結論とその理由
  2. 新卒が早期離職してしまう原因とは
  3. 第二新卒の就活を成功に近づけるための対策
  4. 第二新卒として就職活動をはじめる上での注意点

新卒や中途と同じく確固たる採用枠を持つ「第二新卒」

採用市場に固有名詞が生まれるほど、その注目度は高いことが明白です。

そして第二新卒の内定率は戦略次第で8割超え。
つまり、中途採用よりも採用に至りやすい明確な理由があります。

第二新卒が就職市場において求められる理由と就活を有利に進めるための対策を詳しく解説していきます!

そうま@ブログ管理人そうま@ブログ管理人

「企業は第二新卒に何を求めているのか?人物像や就活時の注意点など網羅的に情報をまとめていきます。今まさに第二新卒で就活を始める予定の方は、ぜひ参考にしてみてください。」

第二新卒の就活は厳しいかの結論とその理由

頭をかかえて悩む男性

「社会人2年目で転職をしようと決意しましたが、初めてのコトなので自分が本当に転職できるのか不安です。」
引用: Re就活「Re就活相談室」

新卒入社し1~3年で早期離職し就活する人材のことを指す「第二新卒」

「第二新卒の就活は厳しいのかどうか」
多くの第二新卒が就活に対して不安を抱いています。

結論からいえば「厳しくはない」
既卒者の内定率(34.4%*)より高く、中途採用よりも戦略次第で内定率を上げることは可能です。
(*出典:「2020年度マイナビ既卒者の就職活動に関する調査」

ではなぜ第二新卒の就活は厳しくないといえるのか。
その理由について、採用市場の特徴と企業側の思惑の観点から解説していきます。

【理由1】新卒採用の難航と早期離職者の増加が背景にあるから

まず1つ目の理由が「新卒採用の難航と早期離職者の増加が背景にあるから」

2022年卒の大卒求人倍率は「1.50倍」
コロナの影響を受けた2021年卒の1.53倍から0.03pt微減したものの底堅い結果に。

企業規模別でみると従業員数300人未満の倍率が最も高く「5.28倍」

つまり、コロナ禍でも新卒採用は苦戦している状況となっています。

その一方で、新卒の就職後3年以内の離職率は平均3割強。
入社して3年後には、新卒の3人に1人が退職している計算になります。
(出典:厚労省「新規学卒就職者の離職状況」

早期離職は企業側にとっては決してポジティブではありません。
しかし企業は新卒採用に苦戦する分、第二新卒採用に活路を見出す動きが活発になっています。

「3年以下で離職した」というのはネガティブなイメージではありますが、将来を考えて若手社員の確保を図りたい企業にとって、第二新卒者は必要な人材です。特に新卒採用がうまくいかなかった企業や、若手社員が離職してしまった企業にとっては、第二新卒は狙うべきターゲットと言えるでしょう。

ですので、第二新卒の就活は難しくなく、需要と供給のバランスが取れているといえます。

関連記事:既卒が就職できないは嘘でも難しいのは事実【適切な就職支援を活用するのが賢明】

【理由2】新卒より教育・育成コストが抑えられるから

コスト面で比較しても「新卒より教育・育成コストが抑えられるから」

新卒1人を採用するのにかかるコストは「平均93.6万円」
中途採用の場合は「平均103.3万円」とわずかに中途の方が高くなります。
(出典:就職みらい研究所「就職白書2020」

ただし入社後の教育・育成の面で考えれば新卒より安く抑えられます。

第二新卒の場合は新卒採用と同レベルの教育が必要ですが、原則として中途採用では教育にかける手間・コストを削減できます。

第二新卒はすでに一度入社経験済み。
社会人経験やビジネスマナーを前職で学んでいるため、育成コストは抑えられることになります。

つまり、新卒より採用コストは抑えられて、即戦力としても期待できるのが第二新卒の良さといえます。

関連記事:【20代向け厳選】おすすめ転職エージェント&転職サイト25選!経歴・目的・職種別に徹底比較

【理由3】中途採用より将来性に期待できるから

そして将来性で比較しても「中途採用より将来性に期待できるから」

第二新卒にスキルや経験は期待していません。
新卒ほど育成コストがかからず、中途のように前職に固執しない「潜在能力」を期待しています。

つまり、他の年代にはない「やる気」や「素直さ」から見えてくる「将来性」を評価して採用します。

若いからこそ将来性があり、潜在能力は無限大です。
実際、第二新卒を対象にした求人は多いのも理由として挙げられます。
(出典:リクルートエージェント「新卒入社1年目、2年目で転職は厳しい?」

関連記事:「20代で仕事が見つからない」は言い訳【無職経験者が論破しつつ解決策を提示】

新卒が早期離職してしまう原因とは

ここまで第二新卒の就活は厳しいかの結論とその理由について解説してきました。

結論、第二新卒の就活は難しくはありません。
採用市場の特徴や企業側の思惑の観点からみても難しくないといえます。

では新卒が早期離職してしまう原因は何なのでしょうか。

「配属先の業務に不満があった」が最多(22.1%)
次で多いのは「志望職種に就きたかったため」と企業とのミスマッチが原因といえます。

さらに在学中の就職活動についての反省点を確認してみると、

  1. 自己分析が不十分だった(47.2%)
  2. スタートが遅かった(42.0%)
  3. 面接対策が不十分だった(37.1%)
  4. 業界研究・企業研究が不十分だった(36.4%)
  5. エントリー社数やセミナー参加社数などが少なかった(32.8%)

自己分析や面接対策、企業研究など。
新卒自身の対策の甘さが原因で第二新卒の就職活動をはじめるきっかけになったといえそうです。

つまり、対策次第で新卒時の離職原因は払しょくできることになります。
第二新卒として納得のいく就職活動とするためには対策に重きを置く必要があります。

関連記事:新卒で就職した企業がブラックだった?大半は黒です【原因と失敗しない転職方法】

第二新卒の就活を成功に近づけるための対策

第二新卒として納得のいく就活にするために。
企業とのミスマッチですぐに退職とならないように。

ここからは第二新卒の就活を成功に近づけるための対策をご紹介します。

新卒が離職した原因の「企業とのミスマッチ」
そのミスマッチを生み出した対策の甘さを改善するための対策について解説していきます。

【対策1】自己分析から将来のキャリアを見つめ直す

まず1つ目の対策が「自己分析から将来のキャリアを見つめ直す」

自己分析の甘さがミスマッチを生み出す原因になっています。

  • 仕事でやりたいことや強み・弱みは何か。
  • 将来どのようなキャリアを形成したいのか。
  • キャリア形成のためにどのような企業に勤めるべきか。

この先の将来をどう生きたいのか?
心から納得しうるキャリア形成のためのパーソナルトレーニングを実施。

無料相談だけでも非常に有益な自己分析に関するアドバイスがもらえます。

【対策2】企業ごとに徹底した面接対策に取り組む

2つ目の対策が「企業ごとに徹底した面接対策に取り組む」

面接対策を怠れば内定率は下がります。
面接時の回答すべてが一辺倒では受かるものも受かりません。

そのため、企業ごとに求める人物像を把握し対策を講じる必要があります。

面接対策が苦手な人は第三者のアドバイスをもらいましょう。
一人で悩んだり、対策しても限界があり、ブラッシュアップも期待できません。

特におすすめは就職エージェントの「UZUZ(ウズキャリ)
求職者それぞれに合わせてカスタマイズされた「オーダーメイド型の面接対策」が強み。

さらに平均就活サポート時間は20時間。
その結果、就職内定率は8割超えの「86%」と高い実績を誇ります。

他の就職エージェントに比べても手厚いサポートが受けられる優れたサービスとなっています。

『UZUZ(ウズキャリ)』公式ホームページはこちら!
【UZUZ(ウズキャリ)の評判が気になる方はコチラの記事をご覧ください】

【対策3】入社後のミスマッチ軽減のため企業研究を行う

そして「入社後のミスマッチ軽減のため企業研究を行う」

求人票では分からない企業の内情。
社長の素顔や職場の雰囲気など企業研究は必須です。

しかし、求職者自身が企業研究するには限界があります。

そこで便利なのが就職エージェントからの情報収集。
エージェント独自に調査したレポートや企業の内情を聞き出すことができます。

就職活動に不安を覚えたらその道のプロに相談するのが鉄則。
一人よりも強力な仲間(サポーター)がいるだけでも安心感は増します。

第二新卒に特化!正社員就職を目指すおすすめ就職エージェント3選(Web面談実施中)

第二新卒として就職活動をはじめる上での注意点

ここでは第二新卒として就職活動をはじめる上での注意点をまとめていきます。

【注意点1】就活のタイミングは離職後ではなく在職中に行う

まず「就活のタイミングは離職後ではなく在職中に行う」

就職活動を始めるタイミングは在職中か?離職後か?
悩む第二新卒も多いかと思いますが、結論からいえば「在職中がベスト」

なぜなら、離職後に就職活動を行った人の方が苦労したと答えた割合は多いからです。

在職中で苦労した割合は「38.1%」
離職後で苦労した割合は「64.6%」

20pt以上も差をつけて離職後が苦労したと回答しています。

さらに離職してからの就職活動は心理的負担は大きくなります。
無収入の中、いつ内定が出るか分からない不安な状況下で続けるのは困難を極めます。

結果、早期内定を急ぐあまり就職先は志望とはかけ離れた会社を選びかねません。

なので就職活動は在職中に行うようにしましょう。
納得のいく就職活動とするべく離職後は避けるのが無難です。

【注意点2】Web面接への対応を万全にしておく

次なる注意点は今っぽい「Web面接への対応を万全にしておく」

コロナ禍で急速に普及した「Web面接」
従来のやり方とは大きくことなる手段で戸惑う就活生も多いです。

実際、Web面接について不安に思うこととして「通信環境」が上位にランクイン。

第二新卒の中途採用でもWeb面接が主流です。
Web面接への対応は今のうちから万全に整えておきましょう。

【注意点3】第二新卒歓迎の企業を選ぶ

応募先の企業選定に関して「第二新卒歓迎の企業を選ぶ」

第二新卒が即戦力採用の枠に応募しても内定率は下がります。

「戦う場所(応募先)」は間違わないように。
第二新卒は第二新卒歓迎の企業の求人に応募するようにしましょう。

上記リクナビネクストで求人数を調べると1万件を超えています。
また就職エージェントにも多くの第二新卒向け求人は扱われています。

しっかり応募先を見極めて就職活動に取り組むようにしましょう。

【注意点4】企業が求める人物像を把握する

そして「企業が求める人物像を把握する」

企業ごとに求める人物像は違います。
スピード感持って事業に取り組む人材を求めてるのに研究気質な人物だとミスマッチ。

内定率を上げるためにも企業が求人を出す目的の把握は必須です。

人物像把握は就職エージェントを利用するのが最適です。
求人を出す企業の内情を知るのも就職エージェントですので質問すればすぐに教えてくれます。

第二新卒に特化!正社員就職を目指すおすすめ就職エージェント3選(Web面談実施中)

まとめ:第二新卒の就活成功のカギは面接対策にあり

第二新卒の就活市場の現状と就活で成功するための対策について情報をまとめてきました。

改めて第二新卒が就職市場に求められる理由をまとめると、

  • 【理由1】新卒採用の難航と早期離職者の増加が背景にあるから
  • 【理由2】新卒より教育・育成コストが抑えられるから
  • 【理由3】中途採用より将来性に期待できるから

第二新卒の就活は難しくはありません。
適切な対策と応募先を狙えば内定率は上がります。

そのためにも就職エージェントの利用は必須。
一人で悩むよりプロに相談しながら進めたほうが有利にはこぶことが可能です。

第二新卒に特化!正社員就職を目指すおすすめ就職エージェント3選(Web面談実施中)