【体験談】ニートから正社員就職はほぼ無理←理由と諦めてる人に生き方も提案
心配な女性

「ニートから正社員就職は無理?やっぱり派遣や契約社員など非正規社員として働くほか方法はないのかな?」

こんな疑問、悩みに答えます。

このブログでは「ニートから正社員就職は無理だと思いながらも方法を探している人」に向けて、以下の内容・目的で記事を書いていきます。

この記事でお伝えすること(目次)

  1. ニートから正社員就職はほぼ無理である理由
  2. でもニートから正社員就職を実現する方法あり
  3. やっぱり無理!と就職を諦めても生きていける方法はある

日本は特にニートに対する風当たりは強いです。

なぜなら、新卒を丁寧に扱う文化が根付いてるから。
一度レールから外れた人間は腫れ物に触れるように態度が異なります。

ですので、ニートの正社員就職はほぼ無理です。

それでも正社員に就職したい人に就活戦略と諦めても生きていける手段を解説していきます。

そうま@ブログ管理人そうま@ブログ管理人

「私もニートから苦戦しながらも正社員就職に成功しました。体験談とエビデンスを用いながらニートの正社員就職戦略をまとめていきます。」

ニートから正社員就職はほぼ無理である理由

まずニートから正社員就職はほぼ無理である理由を解説していきます。

先に述べると正社員就職は不可能ではありません。
「ほぼ無理」であって、戦略次第でニートから正社員就職は可能です。

なぜほぼ無理なのか?
なぜニートは正社員就職において不利な立場にあるのか?

企業の採用事情と日本独自の新卒採用制度など様々な観点からまとめていきます。

早く「ニートから正社員就職を実現する方法」を確認したい方は、こちらをご覧ください。

【理由1】採用は応募者同士の相対評価で決まるから

まず1つ目の理由が「採用は応募者同士の相対評価で決まるから」

企業次第ですが、採用枠には限りがあります。
誰でも、条件なしに採用するということはあり得ません。

つまり、応募者が多ければ多いほど採用は不利だということ。

まして大卒職歴ありと比較されたら一発KO負け。
かつ他の応募者以上のアピール材料がなければまず落ちます。

真っ先に不採用の標的にされるのがニートだということです。

【理由2】ニートの就活はマイナスからのスタートだから

次に2つ目の理由が「ニートの就活はマイナスからのスタートだから」

特にマイナスだと感じるのは「就職面接」
採用担当から開口一番に必ず聞かれるのが「今まで何してた?」

空白期間の活動内容は必ず聞かれます。
この問いに対して、多くのニートは答えられず戦線離脱。

つまり、正社員より面接時の質問は踏み込んだ質問が多いということ。

結果、多くのニートは正社員の道を諦めていきます。
ちなみに3か月間の空白期間があると企業は採用に懸念を示します。
(出典:リクルートエージェント「空白期間(ブランク)があると転職に不利?」

【理由3】日本は新卒至上主義(新卒一括採用)だから

そして3つ目の理由が「日本は新卒至上主義(新卒一括採用)だから」

日本は今も昔もメンバーシップ型雇用が根付いてます。
ジョブ型雇用の実力主義が取り入れられつつあるとはいえ、日本はまだまだ旧態依然。

「新卒だから」というだけで就職は有利にはたらきます。
大企業や古い企業は「ニート」というワードだけで落とします。

つまり日本企業を相手に就活する以上、ニートの正社員就職はほぼ無理になるといえます。

でも3年以内は既卒を新卒扱いするように通達あり。
(出典:厚労省「青少年雇用機会確保指針」

といっても既卒は既卒。
就職せずニートになったのは紛れもない事実です。

でもニートから正社員就職を実現する方法あり

ここまでニートから正社員就職はほぼ無理である理由を解説してきました。

採用時は応募者同士で必ず相対評価されます。
その時、社会人経験ありの応募者がいるだけでニートは落とされる可能性が高い。

なぜなら、「職歴なし」より「職歴あり」が評価されるのは当たり前だからです。

でもニートから正社員就職を実現する方法があります。

それは「面接時にアピールできるスキルを習得すること」
そして、ニートを正社員就職へ成功に導く支援サービスを利用することにあります。

ニートの下剋上に最適なスキル習得はプログラミング

まずアピール材料のためのスキルを習得する必要があります。

選ぶべきポイントは「需要のある将来性に優れたスキル」
具体的にスキルとは何か?結論からいうと「ITスキル」です。

つまり、ニートの下剋上に最適なスキル習得はプログラミングになります。

ではなぜ、ITスキルは需要があるのか?
答えは、世界中でIT人材の不足が叫ばれているため。

日本でも2030年には最大79万人のIT人材が不足すると政府が公表しています。

さらにITスキルを持つITエンジニアは、学歴不問の実力社会。
スキルさえあれば、年収も右肩上がりで高まる成果を重視した仕事です。

ニートで歯がゆい就職活動を送ってきた。
転職で高学歴にも勝る下剋上を果たしたい!

そんな方に最適なサービスが、以下3つのプログラミングスクール。
スキルを磨いて高収入を狙いたい方は、ぜひスクールの門をたたいてください。

無料で受講可能!20代特化のおすすめプログラミングスクール3選

プログラミングの無料体験を受けてみたい方はこちらをご覧ください。
さらに現役エンジニアに個別の無料キャリアカウンセリングを受けてみたい方はこちらをご覧ください。

関連記事:無職でもなんとかなるのはお金とスキルがある人だけ【将来の備えは必ず必要】

8割のニートが正社員就職に成功する就職支援サービス

そしてニートから正社員を目指すなら就職支援サービスを必ず利用しましょう。

現在までハローワークや求人サイトなどサービスは様々。
中でも8割のニートが正社員就職に成功する就職支援サービスがあります。

その就職支援サービスというのが「就職エージェント」

ニートや社会人未経験者を対象に就職を支援。
内定獲得まで、徹底したサポートやアドバイスを受けることが可能

もちろん利用はすべて無料。
20代であれば誰でも登録&利用することができます。

20代ニートに特化!正社員就職を目指すおすすめ就職エージェント3選(Web面談実施中)

関連記事:ニートでも就職しやすいおすすめの仕事8選【就職率8割超の就職支援も紹介】

やっぱり無理!と就職を諦めても生きていける方法はある

恐怖を感じる女性

「スキルを習得しても就職エージェントを利用してもニートから正社員就職は無理!もう生きていけない・・・」

努力しても正社員就職の夢は叶わなかった。
このままニートとして一生生きていかないといけないのか?

やっぱり無理!と就職を諦めても生きていける方法はあります。
それが「フリーランス(個人事業主)」として活動する方法。

むしろ正社員になるよりハードルは低いです。
生き方も自由で、何にも縛られない点はニートの延長かもしれません。

ではどんな仕事があるのか?
スキルなし未経験でもなれるフリーランスの仕事を紹介していきます!

【方法1】映像系の仕事をしたいなら「動画編集」

映像系の仕事をしたいなら「動画編集」

YouTube動画などのコンテンツを編集する仕事。
個人・法人ともに動画配信が増えるに伴い、動画編集の仕事も増えています。

動画編集に特別なスキルは不要です。
基本、編集ソフトがあればすぐに始められます。

努力次第で始めて3か月後には大卒初任給並みの報酬も夢ではありません。

動画編集でのクライアントとのやり取りは基本メール。
人に会うことなく、完全在宅でも創作活動に集中できます。

動画編集の案件を受注するなら「クラウドワークス」の利用が最もおすすめです。

ただ需要が伸びているとはいえ、ライバルも多い。
動画編集のスキル習得には、スクールの受講が最短ルートでおすすめです。

特にスキル習得におすすめのスクールが「テックアカデミー

高単価の動画クリエイターを目指せる超実践型カリキュラム。
編集ツール3ヶ月無償&PCレンタル実質無料と特典も充実のスクールです。

【方法2】文章を書く仕事をしたいなら「Webライター」

文章を書く仕事をしたいなら「Webライター」

企業や個人がライティング案件を発注。
それら案件を受注し、マニュアルに沿ってライティングする仕事。

案件の内容は千差万別でルールも様々。
ライターの経験をダイレクトに活かせる仕事です。

つまり、職業未経験からでも始められる仕事です。
Webライターの案件受注には「クラウドワークス」の利用がおすすめです。

Webライターを一から学びたい方はオンライン学習の「Cucua(ククア)」がおすすめです。

就職・転職だけでなく副業やフリーランス転身にも役立つ!
現役クリエイターが教える実践スキルを9コース200講座から学び放題のwebスキルスクールです。

\オンライン200以上の講座が学び放題!/
『Cucua』の説明会にまず参加してみる
【公式ホームページ:https://cucua.fun

【方法3】何にも頼らず自力で行きたいなら「ブログ」

何にも頼らず自力で行きたいなら「ブログ」

Webライターと同じく執筆業の一つ。
ただ違うのは、ブログというメディア媒体を自ら運営する点です。

Webライターが書き物専門(仕事受注)。
ブロガーは執筆からブログ運営(マネタイズ)まですべて行います。

個人的にはブログ運営が特におすすめの方法。
なんですが、それなりの努力と行動量が必要です。
(なぜなら3か月も経たずして挫折する人が多いから)

ブログ運営に興味がある方はは、人気ブロガーのマナブさんのYouTube動画をご覧ください。

基本的なことから応用まで網羅される超有料級動画です。

まとめ:ニートから正社員就職はほぼ無理でも可能性はゼロではない

ニートから正社員就職はほぼ無理な理由と正社員になれる方法をまとめてきました。

改めて、ニートから正社員就職はほぼ無理な理由をまとめると、

ニートから正社員就職はほぼ無理な理由

  • 採用は応募者同士の相対評価で決まるから
  • ニートの就活はマイナスからのスタートだから
  • 日本は新卒至上主義(新卒一括採用)だから

20代ニートに特化!正社員就職を目指すおすすめ就職エージェント3選(Web面談実施中)

無料で受講可能!20代特化のおすすめプログラミングスクール3選

プログラミングの無料体験を受けてみたい方はこちらをご覧ください。
さらに現役エンジニアに個別の無料キャリアカウンセリングを受けてみたい方はこちらをご覧ください。

とはいえ、就活するにしてもどんな仕事が向いてるのか。
そんな仕事選びや将来のキャリアに悩む方は、プロのキャリアコーチングを受けることをおすすめします。

一人で悩むより、その道のプロに相談したほうが早期解決は期待できます。
無料相談を受けるだけでも非常に有益なアドバイスがもらえて、心のモヤモヤは軽くなります。

自己分析に役立つ!プロによるキャリアコーチングサービスおすすめ3選