「20代で仕事何がしたいかわからない」は当たり前【理由と解決策も提示】
疑問に思う女性

「仕事、何がしたいのかわからない。。20代で悩むのは当たり前?それともちゃんと考えたほうがいいのかな?」

こんな疑問、悩みに答えます。

このブログでは「仕事は何がしたいかわからない20代の人」に向けて、以下の内容・目的で記事を書いていきます。

この記事でお伝えすること(目次)

  1. 「20代で仕事何がしたいかわからない」は当たり前な理由
  2. でも答えを見つけた20代の行動はとにかく早い
  3. 仕事で何がしたいかわからない20代に最適な方法
  4. 20代でヤりたいことが見つからない時に便利な対処法

そうま@ブログ管理人そうま@ブログ管理人

「20代でヤりたいことが見つからない時に便利な対処法もご紹介していきます。今まさに何がしたいのかわからず悩んでいる20代の方は、ぜひ参考にしてみてください!」

「20代で仕事何がしたいかわからない」は当たり前な理由

20代社会人が抱える現在の悩みで最多は「夢中になれる仕事がわからない」

あなただけでなく多くの20代が悩み苦しんでいます。

ではなぜ、仕事は何がしたいかわからないのか?
結論からいえば、他の年代に比べても経験が浅いからに尽きます。

つまり、選択肢が少ないということ。

具体的な「20代で仕事何がしたいかわからない」は当たり前な理由についてまとめていきます。

【理由1】社会人経験も仕事の経歴も浅いから

まず1つ目の理由が「社会人経験も仕事の経歴も浅いから」

  • 仕事の強みと弱みは何なのか?
  • 仕事は何が得意で何が不得意なのか?
  • 仕事のやりがいや将来のキャリアは?

仕事の向き不向きは、さまざまな経験を経て見えてくるもの。
簡単に分かれば誰も苦労はせず、何がしたいかなど悩むこともありません。

また、キャリアコンサルティングへの相談内容をみても「自分の職業の向き不向き」が上位となっています。
(出典:労働政策研究・研修機構「キャリアコンサルティングの実態」

つまり、経験も浅い20代にとって向いてる仕事が分からないのは至極当然だということです。

関連記事:「20代で仕事が見つからない」は言い訳【無職経験者が論破しつつ解決策を提示】

【理由2】情報が多いが故に選べないから

次に2つ目の理由が「情報が多いが故に選べないから」

選択肢が少ないからわからないと説明しました。
逆説的な説明に聞こえそうですが、今の時代、選択肢が多すぎるのも問題です。

選択のパラドックス」という言葉もあります。
つまり、選択肢が多いとわからなくなるという状態。

さらに選択肢が多いと、無力感や満足度さえも下がる見解が示されている。

【理由3】キャリアの方向性を見出しにくいから

そして3つ目の理由が「キャリアの方向性を見出しにくいから」

20代は他の年代に比べても様々なライフイベントを控えています。

  • 引越
  • 結婚
  • (女性であれば)出産

何が重要で、優先順位は何なのか?
仕事は人生のあくまで手段ではあるものの手段だと理解するまでにも時間がかかる。

でも答えを見つけた20代の行動はとにかく早い

仕事は何がしたいかわからない。
でも答えを見つけた20代の行動はとにかく早いです。

実際、新規学卒者の離職状況をみても3年以内離職率は3割。
離職の理由をみると20代で他の年代より多いのが「いろいろな会社で経験を積みたいから」
(出典:厚労省「雇用動向調査結果の概況」

つまり、行動することで答えは見出せるということです。

天職(やりたい仕事)との出会いは偶然の産物

ここで一つあなたの質問です。
日本にはどれくらいの仕事(職業)が存在するかご存知でしょうか?

答えは「17,209種類」あると公表されています。
先の選択のパラドックスにもつながりますが、これほど多いと選びようがありません。

17,209種類もの中から巡り合うのは至難の業です。
つまり、天職(やりたい仕事)との出会いは偶然の産物だということ。

天職に巡り合うために行動するほか仕事の向き不向き(適性)は分かるはずもありません。

行動している人ほど仕事満足度は高くなる

実際、行動している人ほど仕事満足度は高くなることが分かっています。

以下調査結果の通り、転職した7割が満足している。
さらに賃金も減っているのに転職には満足しているという結果に。

一方離職理由の最多は「仕事内容への不満」

つまり、行動することで満足のいく仕事・キャリアは見つけやすいといえます。

20代の9割が未経験へのチャレンジに積極的

さらにいえば20代の9割が未経験へのチャレンジに積極的です。

行動することで道(将来のキャリア)は切り開かれる。

仕事で何がしたいかわからない20代に最適な方法

ここまで20代で仕事何がしたいかわからないのは当たり前だと解説してきました。

これら20代の悩みに対する解決策は「行動すること」
なぜなら、行動からでないと経験も選択肢も増えないから。

そして行動する一つの手段が「転職」
その転職を有利に進める最適な方法が「転職サイトの利用」

実際、20代で最も転職活動時に利用されている方法が転職サイトになります。
(出典:マイナビ「転職動向調査2021年版」

ここでは仕事で何がしたいかわからない20代に最適な方法をご紹介していきます!

まずは転職サイトの比較表をご覧ください。
順番に20代向け転職サイトの特徴やおすすめのポイントを解説していきます!

転職サイト比較表
(公開求人数)
20代向け求人 ニート向け求人
(保有割合)
実績・求人情報 サービス特徴・強み
キャリトレ
(99,782件)
99,782件 522件
(0.5%)
会員数43万人以上
企業数5400社以上
転職決定者にギフト券
動画と記事コンテンツ
転職マップ
ドリブン診断
合格診断
プラチナスカウト
サポートサービスなし
ビズリーチ
(56,940件)
494件 0件
(0%)
採用企業数15500社
登録ヘッドハンター4600人
年収1000万円以上は1/3
ハイクラス転職に特化
サービスは無料・有料あり
8割以上スカウト経由で成功
Re就活
(9,986件)
9,986件 7,471件
(74.8%)
20代専門転職サイトNo.1
登録者数は180万人突破
累計掲載企業10000社以上
転職イベント20代動員数No.1
転職イベント20代動員比No.1
転職サイト20代会員比No.1
未経験歓迎求人約10,000件
転職イベント「転職博」運営
⇒参加者満足度96%
⇒参加企業延べ約7000社
⇒平均面談数は3社/日
サポートサービスあり
リクナビネクスト
(50,353件)
5,272件 1,533件
(29.1%)
会員数は約1000万人
正社員求人9割以上
転職者の8割が利用
約85%が限定求人
日本全国に求人対応
国内最大級の転職サイト
グッドポイント診断
サポートサービスあり
ユニークジョブ
(38,555件)
1,263件 332件
(26.3%)
2019年6月リリース
マッチングプラットフォーム
スカウト機能
サポートサービスあり

※2021年7月調査時点の情報

【方法1】キャリトレ

【方法2】ビズリーチ

【方法3】Re就活

Re就活を利用するメリット

  • 社会人未経験のニート向け求人は業界最多クラスの情報量を保有(74.8%)
  • 20代が転職サイト登録で迷ったら、まずRe就活に登録すれば安心
  • 求人検索だけでなく転職イベントも多彩に開催(特に転職博は人気)

【方法4】リクナビネクスト

【方法5】ユニークジョブ

20代でヤりたいことが見つからない時に便利な対処法

何がしたいかわからない時は行動することが解決策。
その手段として転職があり、転職サイトの利用が有効です。

とはいえ、いきなり転職!といっても二の足を踏む人も少なくありません。

手軽に実践できる解決策があれば便利。
そこで!20代でヤりたいことが見つからない時に便利な対処法もご紹介していきます。

【対処法1】自己分析から強みを把握する

まず1つ目の対処法が「自己分析から強みを把握する」

「夢中になれる仕事をしたい。」
「でも、何がしたいのか分からない。」

そんな向いてる仕事を自力で見つけられない20代に最適なサービスがあります。

そのサービスとは「プロのキャリアコーチング」
自己分析から将来のキャリア設計の一助を担います。

「自己分析」とは己の強みを把握すること。
強みの把握が、結果的に向いてる仕事・適職に繋がります。

しかし自己分析のやり方に不安を覚える方は多い。
なぜなら、潜在的な強みまで客観的に分析し理解するのは至難の業だから。

そこで有効な手段が「誰かにアドバイスをもらう」ということ。

プロスポーツ選手も必ずプロのコーチが指導しますよね。
仕事も同じで、プロのキャリアコーチングを受けたほうが方向性は見出しやすくなります。

無料相談だけでも非常に有益なアドバイスがもらえて、心のモヤモヤは軽くなります。

自己分析に役立つ!プロによるキャリアコーチングサービスおすすめ3選

【対処法2】プロに相談して方向性を見出す

次に2つ目の対処法が「プロに相談して方向性を見出す」

プロとは「転職エージェント」
転職のプロに相談しキャリアの方向性を見出すのが賢明です。

無料で手厚いサポートが受けられる!20代におすすめ転職エージェント3選

【対処法3】実際に求人を見て情報収集に専念する

3つ目の対処法が「実際に求人を見て情報収集に専念する」

【対処法4】社員の口コミから自身と重ね合わせる

4つ目の対処法が「社員の口コミから自身と重ね合わせる」

会社の内情を知るのは転職エージェントだけではありません。

中で働く従業員も当然知り尽くしています。
そして、これら従業員が会社に関する情報を投稿する口コミサイトがあります。

それが大手からベンチャーまで462万社の情報を掲載する「転職会議

2020年現在の寄せられた口コミ件数は300万件以上!
会員登録者数もすでに700万人を突破する人気の口コミサイトです。

【対処法5】やりたいことを紙に書いて可視化する

そして5つ目の対処法が「やりたいことを紙に書いて可視化する」

まとめ:20代で仕事何がしたいかわからないのは当たり前

20代で仕事何がしたいかわからないのは当たり前な理由をまとめてきました。

改めて20代で仕事何がしたいかわからない理由をまとめると、

20代で仕事何がしたいかわからない理由

  1. 社会人経験も仕事の経歴も浅いから
  2. 情報が多いが故に選べないから
  3. キャリアの方向性を見出しにくいから

自己分析に役立つ!プロによるキャリアコーチングサービスおすすめ3選