「低収入で結婚を諦めた!」は正しい判断【でもどうしても結婚したいなら解決策あり】
絶望を感じる男性

「低収入なので結婚は諦めました・・・でも本当に正しい判断だったんだろうか。。」

こんな疑問、悩みに答えます。

このブログでは「低収入で結婚を一度は諦めた、でも諦めきれずにいる男性の人」に向けて、以下の内容・目的で記事を書いていきます。

この記事でお伝えすること(目次)

  1. 「低収入で結婚を諦めた!」は正しい判断といえる理由
  2. でも結婚せずに一生孤独ほど苦しいものはない
  3. どうしても結婚したい!諦めきれない時の解決策3選
  4. 低収入で結婚して幸せになれる確率は限りなく低い話

そうま@ブログ管理人そうま@ブログ管理人

「もし、低収入でも結婚したい!諦めきれない方に向けて解決策を解説していきます。今まさに低収入で悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。」

「低収入で結婚を諦めた!」は正しい判断といえる理由

「低収入で結婚を諦めた!」は正しい判断といえる理由を解説していきます。

低収入の定義

理由を解説する前に低収入の定義についてまとめます。

【理由1】結婚しても生活は苦しくなるから

分かり切ったことですが「結婚しても生活は苦しくなるから」

結婚に必要は世帯年収はいくらかご存知でしょうか。
政府公表の資料をみると全体では平均490.3万円となっています。
(出典:内閣府「結婚・家族形成に関する意識調査」

この時点で生活は困窮するのが目に見えています。

さらに別の資料を確認しても生活困窮は明らかです。
1世帯あたりの平均所得金額は全世帯で「552.3万円」、児童のいる世帯に関しては「745.9万円」
(出典:厚労省「国民生活基礎調査の概況」

つまり、低収入で結婚すれば生活困窮に陥る可能性は限りなく高いことがいえます。

【理由2】低収入が原因でできないことは増えるから

さらに苦しめられるのが「低収入が原因でできないことは増えるから」

旅行やイベントごと、住居に外食など。
やりたくでもできないことは低収入が原因でできなくなります。

特に深刻なのは「子供」

「子供を欲しいと思わない」の割合が全体の『40.2%』
欲しいと思わない最大の理由は経済的要因、低収入だと子育てしていく自信すら奪います。

【理由3】低収入だと離婚する末路が待っているから

そしてとどめは「低収入だと離婚する末路が待っているから」

「離婚したくなる亭主の仕事」を調査。
その結果、断トツ1位が「給料が低い」

内訳をみると、300万円未満だと9割を超えて離婚を考えることが分かっています。

でも結婚せずに一生孤独ほど苦しいものはない

でも結婚せずに一生孤独ほど苦しいものはありません。

どうしても結婚したい!諦めきれない時の解決策3選

どうしても結婚したい!諦めきれない時の解決策3選を解説していきます!

【解決策1】年収の高い業界に転職する

「年収の高い業界に転職する」

無料で手厚いサポートが受けられる!20代におすすめ就職・転職エージェント3選

【解決策2】転職に有利なスキルを習得する

「転職に有利なスキルを習得する」

無料で受講可能!20代特化のおすすめプログラミングスクール3選

プログラミングの無料体験を受けてみたい方はこちらをご覧ください。
さらに現役エンジニアに個別の無料キャリアカウンセリングを受けてみたい方はこちらをご覧ください。

【解決策3】低収入でも結婚してくれる人を見つける

「低収入でも結婚してくれる人を見つける」

低収入で結婚して幸せになれる確率は限りなく低い話

中には「低収入でも結婚して幸せ」という人がいます。

当然幸せだと感じる人もいます。
様々な価値観を持った人間はこの世の中いますから。

でも「確率」で考えたら、低収入で結婚して幸せになれる確率は限りなく低いです。

結婚できるかどうかも結局は確率の話に行きつきます。

つまり、少しでも出会える確率、結婚できる確率を上げるためにも収入は上げたほうが目的に近づきます。

無料で受講可能!20代特化のおすすめプログラミングスクール3選

まとめ:低収入で結婚を諦めた判断は正しいけど解決策はある

「低収入で結婚を諦めた!」は正しい判断である理由と解決策をまとめてきました。

改めて低収入で結婚を諦めた判断は正しい理由をまとめると、

低収入で結婚を諦めた判断は正しい理由

  • 結婚しても生活は苦しくなるから
  • 低収入が原因でできないことは増えるから
  • 低収入だと離婚する末路が待っているから

無料で受講可能!20代特化のおすすめプログラミングスクール3選