「仕事ができない自分が情けない」と悩むあなたへ【完璧な人間なんていない】
心配な女性

「仕事ができない自分が本当に情けない・・・失敗も多くて毎日迷惑ばかり。なんでこんなに仕事できないんだろう。。。」

こんな疑問、悩みに答えます。

このブログでは「仕事ができないと落ち込む方」に向けて、以下の内容・目的で記事を書いていきます。

この記事でお伝えすること(目次)

  1. 「仕事ができない自分が情けない」と感じるあなたへ
  2. 仕事ができないのは「できない仕事を選んでいるから」
  3. 完璧な人間なんていない【得意を活かせる仕事を選ぶ】

仕事ができないから自分が情けないですか?

大丈夫、仕事ができないのは当たり前です。
なぜなら、できない仕事を選んでしまっているのが原因だから。

完璧な人間なんていません。
人間はみな不完全な生き物、もがき苦しみながらも前に進みます。

もっと、自分らしく生きられる仕事を選んだほうが人生の幸福度も上がりますよ。

そうま@ブログ管理人そうま@ブログ管理人

「仕事ができない悩みに対する対処法を解説していきます。今まさにできない自分が情けないと感じる方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。」

「仕事ができない自分が情けない」と悩むあなたへ

上図は新入社員に対し行ったアンケート調査。
「仕事・職場生活に関する不安」に対して、「仕事が自分に合っているか、うまくできるか」が最も多い結果となっています。

「仕事ができない自分が情けない」と悩むのはあなただけではありません。

多くの社会人が感じることです。
むしろ感じない人は自信過剰では?と思うほどです。

では具体的に、どんな時に仕事できないと感じるのか?
状況を整理しつつ原因についてもまとめてみたいと思います。

同じ失敗を何度も繰り返してしまう

過去、先輩に教わったのにまた失敗してしまう。
新卒に多くみられる「同じ失敗を何度も繰り返してしまう」

同じ失敗を繰り返す原因は「忘れないためのメモを取っていないこと」

人間は完璧ではありません。
教わってもすぐに忘れてしまいます。

忘れないためにもメモを取るなどの対策が必要です。

先輩に教わりながらもメモを取りましょう。
メモを取る姿を見せれば先輩も安心して教えられます。

簡単なミスに気付かず先輩に迷惑かけてしまう

単純作業でケアレスミスが増えてしまう。
メモを取っても起きてしまう「簡単なミスに気付かず先輩に迷惑かけてしまう」

ケアレスミスの原因の多くは「不注意」

注意が散漫となり集中できていないのが原因です。
集中力が低下する原因には、睡眠不足やメンタル不調など心身の不調が影響しています。

しっかり睡眠や食事を取る。
集中力の改善がケアレスミスへの対策に繋がります。

報連相が下手で上司にいつも怒られてしまう

仕事の話になるとコミュニケーションがうまく取れない。
社会人として基本の「報連相が下手で上司にいつも怒られてしまう」

報連相が下手な原因は「練習不足」

報連相は雑談とは違います。
話の「型」があって練習することで上達します。

上司は今何を知りたがっているのか?
何を報告すべきで、何を相談しなければならないのか?

ビジネスコミュニケーションは練習なくして上達なしです。

仕事ができないのは「できない仕事を選んでいるから」

ここまで仕事ができない自分が情けないと感じる状況を整理してきました。

  • 同じミスを何度も繰り返してしまう
  • 単純作業なのにケアレスミスをしてしまう
  • 報連相が下手で怒られてしまう

仕事ができないのには必ず原因が存在します。
これら原因が何なのか?理解して対策を講じればほとんどのケースで解決されます。

でも、それでも解決しない場合。
その仕事ができないのは「できない仕事を選んでいるから」

なぜなら、人間は得手不得手があって、みな同じではないからです。

単純作業が得意な人がいれば、複雑な仕事が得意な人もいる。
コミュニケーションを取るのが上手な人がいれば、一つのことに集中するのが得意な人もいる。

得意なことを選べば、できないことに苦しむことはなくなります。
不得意なことを選んでいるから、仕事ができないと苦しんでしまいます。

そもそも仕事選びの段階でできない仕事を選んでしまっているのが、仕事ができない最大の原因です。

関連記事:社会不適合者に向いてる生き方と適職12選【仕事選びで自分らしく生きる】

完璧な人間なんていない【得意を活かせる仕事を選ぶ】

「仕事ができない」と悩むのはあなただけではありません。

そして、完璧な人間なんてこの世にはいません。
みんな不完全で、不完全だからこそ改善しようと必死に努力します。

努力は必ず報われます。
でも、「報われる努力」をしないと一生報われません。

何が言いたいかというと。

不得意な仕事を改善しようとしても報われません。
得意を活かせる仕事を選んだほうが努力は簡単に報われます。

つまり、仕事選びを見直すだけで今までの悩みは解消されます。

仕事ができないと感じるのは当たり前なこと

仕事ができないから自分が情けないですか?
いえいえ、できない仕事を選んでいるので情けなく感じてしまっているだけです。

日本には17,209種類もの仕事(職業)が存在します。
(出典:労働政策研究・研修機構「第4回改訂厚生労働省編職業分類」

仕事ができないと感じるのは当たり前なことなんです。
なぜなら、自分に合った(得意な)仕事に巡り合えていないから。

17,209種類もの中から巡り合うのは至難の業です。
むしろ偶然の産物として、天職は巡り合えると言っても過言ではありません。

そのためにも今まで知らなかった仕事に触れることで視野は広がります。

仕事選びはプロに相談するのが効果的

ではどのようにして仕事に触れればいいのでしょうか。
仕事選びはプロに相談するのが効果的です。

その仕事選びのプロというのが「就職エージェント」

仕事に触れるためにも就職のプロに相談しましょう。
第三者にアドバイスをもらいながら職探しをしたほうが効率的かつ有効です。

無料で手厚いサポートが受けられる!20代におすすめ就職エージェント3選

まとめ:仕事ができないならできる仕事を選ぶのが正解

仕事ができない自分が情けない悩みの原因と対処法について情報をまとめてきました。

改めて記事のポイントをまとめると、

  • 完璧な人間などいないので仕事ができないのが当たり前
  • 仕事ができない最大の原因はできない仕事を選んでいるから
  • 仕事ができないならできる仕事を選ぶのが正解

仕事ができない自分が情けないと感じるのはあなただけではありません。

多くの社会人が苦しむ悩みです。
悩むからこそ改善しようと必死に努力します。

その努力が少しでも報われる方向に進むように多くの仕事に触れることをおすすめします。

得意を活かせる「できる仕事」は必ずあります。
ただ、まだ巡り合えていないだけ、仕事に触れれば自然と気付きます。

あなたに合った仕事に巡り合うためにもプロに相談しましょう。

一人で悩むより解決するスピードは早まります。
仕事ができない自分が情けないと感じるのは、もう今日で終わりにしましょう。

無料で手厚いサポートが受けられる!20代におすすめ就職エージェント3選