社会不適合者に向いてる生き方と適職10選【仕事選びで自分らしく生きる】
恐怖を感じる女性

「社会不適合者に向いてる生き方って何?社会がとても生きづらい・・・向いてる仕事・適職があれば教えてほしい。」

こんな疑問、悩みに答えます。

このブログでは「社会不適合者でも向いてる生き方や仕事を模索している方」に向けて、以下の内容・目的で記事を書いていきます。

この記事でお伝えすること(目次)

  1. 社会不適合者の特徴から向いてる生き方を考察
  2. 社会不適合者に向いてる仕事10選
  3. 社会不適合者にとっての適職は「会社に縛られない働き方」
  4. 社会不適合者が仕事続かないのは仕事選びに失敗しているだけ

そうま@ブログ管理人そうま@ブログ管理人

「社会不適合となって苦しい思いをしている方は、ぜひ参考にしてみてください。」

社会不適合者の特徴から向いてる生き方を考察

社会不適合者の特徴から向いてる生き方を考察

社会の要求に応えて生活することが困難な者。社会に適合できない人。うまくやっていけない人。

日本社会で求められる社会人基礎力に対する認識のズレ

日本社会で求められる社会人基礎力に対する認識のズレ

【「社会人基礎力」3つの能力・12の能力要素】

大学の教育プログラムで養っていない。
そもそも社会不適合者を生み出す原因になったのは大学の教育プログラム。

なので生まれずして生まれてしまったのが「社会不適合者」
もっというと、「社会の要求」が何なのか分からないまま成長してしまった。

まずは認識がずれていることに気づくことが大切です。

社会に適合できず生きづらいのはそれが個性だから

社会に適合できず生きづらいのはそれが個性だからです。

1つの国の中に住んで自分を見ていると、例えば、自分は日本の社会に合わないだけなのに、社会不適合者なんだと思ったりしてしまいます。世界には全く違う文化や常識がいくつもありますので、自分のことを社会不適合者だと思っていても、世界に出るとそれはただの個性だったということに気づくこともあります。

考察から社会不適合者の向いてる生き方を3つに分類

考察から社会不適合者の向いてる生き方を3つに分類

  • 人との関わりが少ない生き方
  • 専門知識を活かせる生き方
  • 個性を尊重される生き方

これらの生き方に当てはまる「社会不適合者に向いてる仕事」を次章にまとめていきます!

社会不適合者に向いてる仕事10選

ここからは社会不適合者に向いてる仕事10選をご紹介していきます!

社会不適合者に向いてる仕事

  1. Webデザイナー
  2. Webライター
  3. 漫画家
  4. 小説家
  5. 投資家
  6. ブロガー
  7. アーティスト
  8. ユーチューバー
  9. カメラマン
  10. 動画編集

【仕事1】Webデザイナー

「Webデザイナー」

【仕事2】Webライター

「Webライター」

【仕事3】漫画家<

「漫画家<」

【仕事4】小説家

「小説家」

【仕事5】投資家

「投資家」

【仕事6】ブロガー

「ブロガー」

【仕事7】アーティスト

「アーティスト」

【仕事8】ユーチューバー

「ユーチューバー」

【仕事9】カメラマン

「カメラマン」

【仕事10】動画編集

「動画編集」

社会不適合者にとっての適職は「会社に縛られない働き方」

社会不適合者にとっての適職は「会社に縛られない働き方」

その最たる働き方が「フリーランス」

社会不適合者が仕事続かないのは仕事選びに失敗しているだけ

社会不適合者が仕事続かないのは仕事選びに失敗しているだけ

まとめ:社会不適合者に向いてる生き方と適職

社会不適合者に向いてる生き方と適職に関する情報をまとめてきました。

改めて社会不適合者に向いてる仕事をまとめると、

社会不適合者に向いてる仕事

  1. Webデザイナー
  2. Webライター
  3. 漫画家
  4. 小説家
  5. 投資家
  6. ブロガー
  7. アーティスト
  8. ユーチューバー
  9. カメラマン
  10. 動画編集

無料で手厚いサポートが受けられる!20代におすすめ就職・転職エージェント3選