「金持ちになりたいなら起業が正解?」は正しい【でも存続が難しいので準備必須】
喜んでいる男性

「金持ちになりたい!そのために起業する!!でも、起業するのが正解?何すれば大金持ちになれる?会社員として働き続けたほうがいいのかな?」

こんな疑問、悩みに答えます。

このブログでは「金持ちになりたいから起業を模索している人」に向けて、以下の内容・目的で記事を書いていきます。

この記事でお伝えすること(目次)

  1. 「金持ちになりたいなら起業が正解?」は正しい理由
  2. 大金持ちになるには事業は何をすればいいのか
  3. 起業するのは簡単でも存続するのが難しい
  4. 金持ちになる方法で有効なのが「バーベル戦略」

そうま@ブログ管理人そうま@ブログ管理人

「大金持ちになるための具体的な事業も解説していきます。社会人だけでなく学生にも役立つ情報です。ぜひ参考にしてみてください!」

「金持ちになりたいなら起業が正解?」は正しい理由

パソコンを打つ男性

「僕はいま大学生です。将来お金持ちになりたいです。お金持ちになれる方法を可能な限り教えてほしいです。」
引用: Yahoo!知恵袋「株と経済」

多くの人が金持ちへの憧れを抱いています。

実際、7割以上もの人がお金持ちになりたいと回答した調査もあります。
(出典:sirabee「お金持ちになりたい人は7割超えも「20代男性の欲のなさ」に驚愕」

ではどうすれば金持ちになれるのか?
答えはタイトルにある通り、起業して経営者になるか投資家になるのが正解です。

「金持ちになりたいなら起業が正解?」は正しい理由について解説していきます。

そもそも金持ちとは?定義について

まずはじめに金持ちの定義について考えていきます。

「お金持ち」の意味を調べると、

財産が豊富な人。多額の金銭を保有している人。財力のある人。

「沢山お金を持っている人」がお金持ち。
お金持ちの明確な保有する資産の定義はありません。

ただ「富裕層」の場合だと、純金資産保有額が1億円以上の世帯と定義づけられています。

そして日本の富裕層は133万世帯いると推計。

日本は資本主義国家だから起業しないと金持ちになれない

日本は資本主義国家だから起業しないと金持ちになれません。

答えは以下のツイートの通り。

資本主義とは、働いたらその労働力に応じて報酬が得られるという制度であり、自由に経済活動を行える社会です。モノの価格やサービスの内容は市場の競争によって変動し、これを市場主義といいます。一般的には競争によって価格はより安く、サービスはより質が高くなりますが、需要が多ければ価格が上がることもありえます。

一言でいえば労働者が経営者の資本を増やす仕組み。
労働という時間を対価に報酬をもらうシステム。

会社員の生涯賃金は減少していて将来不安は増す

会社員の生涯賃金は減少していて将来不安は増す

大金持ちになるには事業は何をすればいいのか

では大金持ちになるには事業は何をすればいいのか

【事業1】ブログ

まず1つ目の事業が「ブログ」

【事業2】動画配信

「動画配信」

【事業3】プログラミング

「プログラミング」

起業するのは簡単でも存続するのが難しい

でも残念ながら1年以内の倒産率
ベンチャー企業は、倒産しないほうが珍しい。

つまり、起業するのは簡単でも存続するのが難しいといえます。

ではどうすればいいのか?

起業するにも明確な目的が必要

起業するにも明確な目的が必要です。

売上拡大以上にリスク管理の方が大事

売上拡大以上にリスク管理の方が大事です。

金持ちになる方法で有効なのが「バーベル戦略」

金持ちになる方法で有効なのが「バーベル戦略」

リスクを取りながら会社員として副業に専念

「リスクを取りながら会社員として副業に専念」

ポートフォリオの85%~90%を安全性の高い資産に投資し、残りの10%~15%をリスクの高い投機的資産に投資する手法として紹介されている。

高校生や大学生でお金持ちを目指すならなお有利

高校生や大学生でお金持ちを目指すならなお有利

なぜなら、親からのインカムゲインを受け取りながら他のこともできるので。

まとめ:起業して金持ちになるにはバーベル戦略が有効

金持ちになりたいなら起業が正解でも存続が難しいので準備必須である情報をまとめてきました。