ニートで働きたくないなら自分らしく生きればいい【でも絶対後悔する5つの理由】
心配な女性

「働きたくないニート。このまま働かずに生きていける方法ってあるのかな?」

こんな疑問、悩みに答えます。

このブログでは「ニートで働かなくても生きていける方法を探している方」に向けて、以下の内容・目的で記事を書いていきます。

この記事でお伝えすること(目次)

  1. ニートで働きたくないなら自分らしく生きればいい
  2. でも働かずニートのままだと絶対後悔する5つの理由
  3. 人生の選択肢を増やすための「手札」を揃えたほうがいい
  4. 将来のために準備しておくべき手札と具体的な行動

働きたくない気持ち、よく分かります。

人間関係、不向きな仕事、周囲からの評価。。。
社会は煩わしいことの連続、働かずニートを選ぶ気持ち、よく分かります。

なので自分らしく生きられる選択が「ニート」ならそのままでいいと思います。

でも、ニートのままだと確実に後悔することがあります。
それは「人生の選択肢があまりに少なくなる」ということ。

自分らしく生きるためにも人生の手札は多く揃えておく必要があります。

働かずニートのままだと絶対後悔する理由と取るべき具体的な行動を解説していきます。

そうま@ブログ管理人そうま@ブログ管理人

「ニートの働き方に迷いや不安が生じているなら、本情報を参考にしてみてください。」

ニートで働きたくないなら自分らしく生きればいい

「ニート」の定義は内閣府資料では以下のように説明されています。

「ニート」に近い概念である若年無業者(15~34歳の非労働力人口のうち,家事も通学もしていない者)

家事も通学もしていない無職のことを指します。
また、職業訓練も受けていない人もこの概念に含まれます。

つまり、自ら無業者の道を選んだ人たちのことをニートと呼びます。

であればニートで働きたくないなら自分らしく生きればいい
なぜなら、自分らしく生きることが人生の目的でもあるからです。

人の人生を考えさせられる有名な話があります。

それが、ある看護師が末期患者に以下の問いをした時。
「人生で一番後悔していることは何か?」、返ってきた答えが以下の5つです。

  1. 他人が望むような生き方でなく、自分らしく生きればよかった
  2. 一生懸命働かなければよかった
  3. 自分の気持ちを正直に言えたらよかった
  4. もっと友達と連絡を取ればよかった
  5. もっと自分を幸せにしてあげればよかった

「自分らしく生きればよかった」

社会人として働かないといけないのも分かっている。
働かないと収入も得られず、生活も苦しくなるのは分かっている。

それでも、就職せずに自らニートの道を選んだ。
それすなわち自分らしく生きられるのがニートだと結論づけた他ありません。

あなたの決断でニートを選んでいるのだから、自分らしく生きればいいんです。

でも働かずニートのままだと絶対後悔する5つの理由

ただ現実的な話をするとニートは社会から不自由を強いられます。

「今」は自分らしく生きられても後々自分らしさがなくなります。
働かずニートのままだと絶対後悔する理由とは何か?解説します。

【理由1】自由なようで実は生きづらいから

ニートは「自由なようで実は生きづらいから」

ニートって自由だと思いますか?
自由なのは「時間だけ」であって、私は自由だとは思いません。

なぜなら、ニートというだけで社会生活に制約を受けるから。
「ニート」は主観だけでなく、客観的にも不自由な身分だといえます。

まず、信用が一切ないのでモノを借りることが出来ません。
例えば、クレジットカードや家の賃貸、ローンなどニートは借りられません。

会社員に比べてニートであるだけで社会生活の中でも選択肢が減ります。

さらに実家暮らしでも親の目、親戚からの不憫な声は浴びせられます。
収入が途絶えれば、生活自体も送ることは困難になります。

つまり、時間がいくら余っても自由でなければただ生きづらいだけです。

関連記事:無職でもなんとかなるのはお金とスキルがある人だけ【将来の備えは必ず必要】

【理由2】社会との繋がりがなくなるから

私個人の経験でも感じたことが「社会との繋がりがなくなるから」

社会との繋がりがなくなることがニートでいることに最も不安を感じます。

就職して社会に出れば勝手に繋がりは増えます。
社内の人間、取引先、顧客など関係性の良し悪しはどうあれ繋がりは増えます。

しかしニートになった途端、社会から分断された感覚に陥るほど疎外感を受けます。

誰からも求められない、呼ばれない、評価されない。
承認欲求の強弱の話ではなく、社会からの孤立は「無」を意味します。

普段、仕事をしているからこそ気づかない「目に見えない繋がり」
社会のなかで生きるということは、生かされていることと同義です。

つまり、社会との繋がりがなくなった瞬間、存在は消されたも同然。

ニートになる目的な明確な人は少ないです。
従って、生きる目的、希望を見出せなければ、待つのは「孤独死」です。

【理由3】親を不幸にさせるから

「親を不幸にさせるから」

【理由4】最後は一人になってしまうから

「最後は一人になってしまうから」

【理由5】気づいた時にはすでに手遅れだから

「気づいた時にはすでに手遅れだから」

人生の選択肢を増やすための「手札」を揃えたほうがいい

人生の選択肢を増やすための「手札」を揃えたほうがいい

自分らしく生きるためにも手札は必要
最も危険なのは手札のカードが少ないこと。

いざ何かをしようとした時に、何もできない。
なぜなら、これまで何もしてこなかったから。

「今」働きたくなくても、いざ働かなければいけなくなった時に絶対に困る。

その時に必ず後悔する、後悔先に立たず。後の祭り状態。
後悔しないためにも今のうちから行動したほうがいい。

将来のために準備しておくべき手札と具体的な行動

将来のために準備しておくべき手札と具体的な行動についてまとめていきます。

【行動1】就職活動に取り組む

「就職活動に取り組む」

無料で手厚いサポートが受けられる!20代におすすめ就職エージェント3選

【行動2】就職に有利なスキルを身につける

「就職に有利なスキルを身につける」

【行動3】一人でも稼げる方法があることに気づく

「一人でも稼げる方法があることに気づく」

まとめ:ニートで働きたくないなら人生の選択肢を増やすべし

働かずニートのままだと絶対後悔する理由と将来を見据えた行動について情報をまとめてきました。

改めて取るべき行動をまとめると、

  • 【行動1】就職活動に取り組む
  • 【行動2】就職に有利なスキルを身につける
  • 【行動3】一人でも稼げる方法があることに気づく

無料で手厚いサポートが受けられる!20代におすすめ就職エージェント3選