【体験談】無職は不安どころか絶望した話【就職したほうが不安は減ります】
恐怖を感じる女性

「無職で毎日不安で押しつぶされそう。。就職しないといけないのも分かってる、でも勇気がでないんです。どうすれば不安から解放されますか?」

こんな疑問、悩みに答えます。

このブログでは「無職で不安を感じている、でもどうすればいいか分からない方」に向けて、以下の内容・目的で記事を書いていきます。

この記事でお伝えすること(目次)

  1. 【体験談】無職は不安どころか絶望した話
  2. 無職で不安を感じてしまう理由6選
  3. 就職しても不安は消えないけど無職であるリスクはなくなる
  4. 無職でも就職率8割超えの就活駆け込み寺的サービス

本ブログに訪れたあなた。
今現在「無職で不安な状態」であるとお察します。

不安だから、不安を解消する方法や解決策を探しているはずです。

最初に結論をお伝えすると「早く就職したほうがいい」
なぜなら、会社員ですら先の見えぬ将来に不安を抱くから。

誰でも不安を覚えるなら、リスクの少ない状態にするのが人生イージーに生きられます

はっきり言って無職ほどリスクの高い状態はありません。
無職は不安どころか絶望した話と不安を減らすために取るべき行動を解説していきます。

そうま@ブログ管理人そうま@ブログ管理人

「もし、今すぐ無職から抜け出して正社員就職を目指したい方は就職エージェントを利用して就職活動を始めることをおすすめします。無職期間が長くなるほど正社員就職は難しくなります。早めの行動が不安を取り除く最たる解決策になります。」

無職から正社員就職を目指す!20代におすすめ就職エージェント3選

【体験談】無職は不安どころか絶望した話

会社員ですら将来に不安を抱くのに、無職はもはや絶望です。

無職になってみないとこの感覚は分かりません。
なぜなら、会社員はなんだかんだで会社に守られているから。

一方、無職はいわば「無防備な状態」

誰も守ってはくれません。
厚生年金から外され、年金不安はいっそう強まります。

無職になった翌年は容赦なく納税の恐怖がやってきます。
今までは会社が払ってくれていたので、納税通知書が届くまでは全く気づきません。
(しかも稼ぎが多いほど翌年の税金はボディーブローのように痛めつけられます)

もちろん無職になって最初の1か月間は、会社員の不安が綺麗さっぱりなくなりました。

  • 上司、後輩、同僚、全ての煩わしい人間関係
  • 悲壮感漂う会社員同士が乗り入れる満員電車
  • やりたくもない仕事と理不尽なサービス残業

でも不安が消えるのは一瞬です。
無職になった途端、また別の不安がやってきます。

ただ、世の中には無職でも不安を感じない人がいます。
このような人は「経済的に豊か」か「いつでも就職できるスキルがある」かのどちらかです。

つまり、不安になるために無職を選ぶ人などいない、ということです。

今現在、無職で不安を抱えているあなた。
無職が不安なら就職するしかその不安を減らす手立てはありません。

会社員が向いてなかったから無職になった?
結局無職になっても不安は消えず、むしろ会社員以上の絶望を味わうことになります。

不安を感じつづけても不安が増大するだけ。
負のスパイラルから早く抜け出さないと取り返しのつかないことになります。

関連記事:無職でもなんとかなるのはお金とスキルがある人だけ【将来の備えは必ず必要】

無職で不安を感じてしまう理由6選

悩む男性

「早く就職しないといけないのは分かってる!行動しないといけないのも分かってるけど・・・」

無職でいることに不安を感じる人は多い。
そして9割以上の無職が現状から脱出したいと感じています。

それでも行動できず、無職のままで負のスパイラルから抜け出せない人がいる。

無職で不安を感じてしまう理由は何なのでしょうか?
不安の理由が分かれば、抜け出すきっかけ作りを得やすくなります。

  • 【不安な理由1】就職活動がうまくいかないから
  • 【不安な理由2】貯金がなくなりつつあるから
  • 【不安な理由3】就職できるか分からないから
  • 【不安な理由4】無職という罪悪感を感じてしまうから
  • 【不安な理由5】誰も相手にしてくれないから
  • 【不安な理由6】社会との繋がりがなくなり孤独を感じるから

【不安な理由1】就職活動がうまくいかないから

頭をかかえて悩む男性

「焦りと不安で気が狂いそうです。22歳の男です。現在無職で就職活動してますが さっぱりです。何だかこのまま自分が腐りそうで怖い。」
引用: Yahoo!知恵袋「就職、転職」

行動はしているが不安を感じてしまう「就職活動がうまくいかないから」

無職の就職活動は不利以外のなにものでもありません。

最たる理由は「ブランク期間の説明」
採用担当者が見るのは、「入社してもすぐ辞めるのではないか?」

すぐに辞められては困ります。
採用にかかるコストは1人につき数百万以上。

その後の研修などの育成コストも含めたら多額のコストが採用にかかるわけです。

そんなリスクを負ってまで無職を採用するメリットはなし。
無職より職歴ありの将来性ある若者を取るのが必然的な経済活動です。

ですので、無職には無職に見合ったフィールドで就職活動を行うのが賢明といえます。

就職活動を成功に導くサービスがあります。
先に無職から脱出して正社員就職を目指したい方はこちらをご覧ください。

関連記事:「20代で仕事が見つからない」は言い訳【無職経験者が論破しつつ解決策を提示】

【不安な理由2】貯金がなくなりつつあるから

絶望を感じる男性

「21歳無職の男ですがおかしくなりそうです、誰か助けてください。現在一人暮らしをしている21歳無職の男ですが、将来への不安で胸が押しつぶされそうです。自分には親兄弟がいません、天涯孤独。カウンセリングに行きたいですがお金もありません、現在は貯金を切り崩して生活していますがその貯金がなくなれば本当にホームレスになってしまいます」
引用: Yahoo!知恵袋「生き方、人生相談」

切実な不安が「貯金がなくなりつつあるから」

無職になれる安心材料が「貯金」

「貯金があるから当面は無職であっても大丈夫!」
このように考える短絡的な無職も少なくありません。

しかし虚構の安心は永久には続きません。
なぜなら、切り崩す生活ではいずれ終焉を迎えるから。

早めに見切って就職活動を始めるのが賢明。
無計画にギリギリとなって就活を始めていては手遅れです。

関連記事:「フリーターになりたい!」と正社員を辞めた人の末路【大事なのは計画性】

【不安な理由3】就職できるか分からないから

頭をかかえて悩む男性

「就職が不安です。まず、何をしたらいいかわかりません。次に、どこを選んだらいいのか分かりません。面接にいっても、受かるか不安です。仕事に就いてもみんなとうまくやっていけるか不安です。不安ばかりで生きていけるか不安です。どうしたらいいでしょうか?」
引用: Yahoo!知恵袋「就職活動」

行動すらしていない不安もあり「就職できるか分からないから」

無職の約3割以上が就活の進め方が分からないと悩んでいます。
(出典:ジェイック「大学中退者への就職活動に関する意識調査」

新卒が就活に対して不安を抱くのは当然。
無職も同じで、まだ見ぬ未来を想像しながら活動するのは不安です。

しかし無職の場合は、希望より不安の方が勝ります。
この不安を乗り越えなくては一向に無職からの脱出は叶いません。

関連記事:新卒で就職した企業がブラックだった?大半は黒です【理由と失敗しない転職方法】

【不安な理由4】無職という罪悪感を感じてしまうから

悩む男性

「無職の罪悪感で仕事探しに集中できません。毎日ドキドキ不安で落ち着かないです。友人には無職であることを隠してます、なので余計苦しくてじっとしてられない夜も寝れない状態です。一日中気分が落ち込んで何も出来ないです」
引用: Yahoo!知恵袋「友人関係の悩み」

社会に必要とされてないと感じてしまう「無職という罪悪感を感じてしまうから」

  • 不甲斐ない自分
  • 何もできない自分
  • 社会の役にたっていない自分

無職から脱出したいのに無職であることが罪悪感となって就活に集中できない。

非常に繊細で周囲の目を気にする人。
無職を恥ずかしいとさえ感じてしまいます。

でも、残念ながら無職から環境を変えるのは「本人の勇気」

他人の力を借りて変えられるほど人生甘くはありません。
不安な状況を打破し、無職から抜け出す一歩を踏み出す小さな勇気さえあれば世界は変わります。

関連記事:ニートで働きたくないなら自分らしく生きればいい【でも絶対後悔する5つの理由】

【不安な理由5】誰も相手にしてくれないから

恐怖を感じる女性

「33歳無職毎日毎日不安感に教われます。役所も行政も相手にしてくれません。「自分を守るのは自分」っては解っています。しかし、誰からもうてあわれず、相手にされず自分を守りきれなくなったら死ぬしかないのかな…?と思います。「死ぬのは卑怯者」でしょうか?誰からも相手にされず毎日孤独は辛いです。」
引用: Yahoo!知恵袋「うつ病」

自暴自棄になるのが「誰も相手にしてくれないから」

他力本願で最悪な状態です。
無職になった原因は他の誰でもなくあなた。

周りの人間の責任ではありません。

なので抜け出すのも本人の努力次第。
決断しなければ無職という不安からは一生抜け出せません。

関連記事:一生フリーターなんて到底選択できなかった体験談【過酷な現実が待ってます】

【不安な理由6】社会との繋がりがなくなり孤独を感じるから

個人的に感じる体験談として「社会との繋がりがなくなり孤独を感じるから」

会社にいれば誰かと繋がれます。

  • 職場の上司や同僚
  • 取引先の関係者や業者
  • 他部署の仲間や後輩

会社員は「会社」という社会の中で仕事をします。
ですので、気付かぬうちに繋がりは増えて「社会的な孤独」など感じません。

しかし無職になった途端、孤独を圧倒的に感じます。

社会から必要とされていない感覚にさえ陥ります。
人間は本来、社会や環境に貢献したいと考える生き物です。

それら社会との繋がりが分断されてしまうと孤独以上の恐怖を覚えます。

関連記事:社会不適合者に向いてる生き方と適職12選【仕事選びで自分らしく生きる】

就職しても不安は消えないけど無職であるリスクはなくなる

ここまで無職で不安を感じてしまう理由を解説してきました。

無職から脱出したいと考える人は9割を超えます。
不安を感じながらも負のスパイラルから抜け出せずにもがいています。

でも就職しても不安は消えないけど無職であるリスクはなくなります。

ここで一つ、あなたに言葉を送ります。

「人生は選択の連続である(Life is a series of choices.)」

劇作家シェイクスピアの「ハムレット」に出てくる名言。
このセリフの通り、人間は1日に35,000回もの決断をしているといわれています。

何を言いたいかというと。
人間は無意識のうちに物事の判断を天秤にかけて比較し決断しています。

よりよい選択となるように考えを巡らせ決断しています。

今まさに無職の状態を選択する理由は、先の未来が不安だから。
でも、就職しても不安なのであれば、無職のリスクを取り除く選択をしたほうが賢明といえます。

行動しないで後悔するか。
行動してから後悔するか。

判断して、選択して、行動するのは他の誰でもないあなた次第です。

関連記事:【ストレスのない仕事ランキング】悩みの原因別におすすめ15個を厳選紹介

無職から正社員就職を目指す就活駆け込み寺的サービス

無職から正社員就職を目指す就活駆け込み寺的サービスがあります。

そのサービスというのが「就職エージェント」
就職のプロによる就職支援を受けられるサービスです。

職歴のない無職でも手厚いサポートが受けられます。

ここではおすすめの就職エージェントを以下3つをご紹介。
すべて実績に優れた評判の高い就職支援サービスのみを厳選し紹介していきます!

【サービス1】未経験から正社員就職を目指す「就職shop」

未経験から正社員就職を目指す「就職shop」

これまでの利用者数はのべ10万人以上!
社会人未経験、職歴のないニート・フリーターなど20代若者に強い就職エージェント。

最大の特徴は求人の全てが「書類選考なし」
つまり、応募すれば面接に進めるポテンシャル重視の企業が揃っています。

大手人材紹介のリクルートが運営する人気のサービス。
正社員就職を目指したい20代無職に適した就職支援サービスです。

『就職shop』公式ホームページはこちら!
【就職shopの評判が気になる方はコチラの記事をご覧ください】

【サービス2】就職相談しやすさNo.1の「第二新卒エージェントneo」

就職相談しやすさNo.1の「第二新卒エージェントneo」

就職支援実績は22,500人を突破!
熱い支持を集める理由に以下の3冠達成があります。

・面接対策満足度No.1
・就職転職満足度No.1
・就職転職相談しやすさNo.1

20代若年層に寄り添う就職支援が人気。
無職など職務経験がなくても就職支援実績は10,000人を超えています。

正社員に就職したいけど何から始めたらいいか分からない。
就職エージェントと合うのも怖い、そんな不安を抱える方に利用してほしい支援サービスです。

【サービス3】入社後定着率が9割超えの「UZUZ(ウズキャリ)」

入社後定着率が9割超えの「UZUZ(ウズキャリ)」

就業支援実績が累計35,000人を突破。
そして、無職や社会人経験のないフリーター・ニートの内定率は86%以上!

優れた実績をたたき出す最大の要因は「面接対策」

就職希望者に合わせた個別就業サポートを実施。
特徴は、他社の10倍サポートに時間をかけるオーダーメイド型サポート。

これにより、特に苦手な面接対策への取り組みが強化されます。

面接対策が苦手な方や対策そのもののやり方が分からない方。
キャリアカウンセラーと一緒に就職活動を乗り越えたい方におすすめの支援サービスです。

『UZUZ(ウズキャリ)』公式ホームページはこちら!
【UZUZの評判が気になる方はコチラの記事をご覧ください】

まとめ:会社員でも不安を抱くのだから無職は即就職が吉

無職は不安どころか絶望した話と不安は減らす行動についてまとめてきました。

改めて無職で不安を感じてしまう理由をまとめると、

無職で不安を感じてしまう理由

  • 【不安な理由1】就職活動がうまくいかないから
  • 【不安な理由2】貯金がなくなりつつあるから
  • 【不安な理由3】就職できるか分からないから
  • 【不安な理由4】無職という罪悪感を感じてしまうから
  • 【不安な理由5】誰も相手にしてくれないから
  • 【不安な理由6】社会との繋がりがなくなり孤独を感じるから

会社員でも見通せない将来に不安を抱きます。
リスクでしかない無職ならなおさら不安を抱くのは当然です。

現状を打破できるのは正社員就職に向けた「行動」
ほんの少しの勇気さえあれば、現状を変えることは可能です。

そのための無職を対象にした就職支援サービスも充実しています。

就活に対して不安を抱えるか、無職のままリスクを抱え続けるか。
人生の選択は二つに一つ、決断するのは他の誰でもない、あなたです。

無職から正社員就職を目指す!20代におすすめ就職エージェント3選