低学歴でも高収入を狙える仕事8選【年功も関係なく下剋上可能なスキルも紹介】
悩む男性

「低学歴でも高収入を狙える仕事が知りたい!高学歴にも勝てる低学歴の戦い方もあれば教えてほしい!」

こんな疑問、悩みに答えます。

このブログでは「低学歴でも高収入を狙える仕事を探している方」に向けて、以下の内容・目的で記事を書いていきます。

この記事でお伝えすること(目次)

  1. 低学歴でも高収入を狙える仕事8選【男女就職可】
  2. 学歴と年収の関係から低学歴の就職市場における戦い方を解説
  3. 学歴も年功も関係なく下剋上可能なスキルは1つ
  4. 会社に縛られない働き方を選ぶならフリーランスがおすすめ

低学歴でも高収入は可能です。

ただ、高学歴と比較されれば不利になるのは当然。
ですので、低学歴には低学歴ならではの「戦略」が必要です。

低学歴でも高収入を狙える仕事と学歴や年功も関係なく下剋上可能なスキルも詳しく解説していきます!

そうま@ブログ管理人そうま@ブログ管理人

「会社に縛られない働き方についても解説していきます。今まさに低学歴がネックで年収に不安を覚える方は、ぜひ参考にしてみてください。」

低学歴でも高収入を狙える仕事8選【男女就職可】

早速男女就職可の低学歴でも高収入を狙える仕事8選についてまとめていきます。

仕事を選定するにあたり以下の条件を設けます。

  • 学歴不問の仕事
  • 資格不要の仕事
  • 給与所得者の平均年収より高い仕事

中卒・高卒やFランを対象にするため当然「学歴不問の仕事」
また学業に不得意な人も就業できるよう「資格不要の仕事」も選定条件に含めます。

そして、給与所得者の平均年収「436万円」以上を高収入とし仕事を選定!
(出典:国税庁「令和元年分民間給与実態統計調査結果」

これらに該当する仕事が以下の8つになります。
今すぐ転職活動を始めれば就業可能な仕事を厳選紹介していきます!

低学歴でも高収入を狙える仕事8選

  1. 個人営業
  2. 不動産営業
  3. MR
  4. タクシードライバー
  5. トラック運転手
  6. Webライター
  7. ユーチューバー
  8. 漁師

【仕事1】個人営業

商品・サービスを個人に向けて営業を行う「個人営業」

営業最大のメリットはインセンティブがあること。
獲得契約件数に応じて、年収が増減する仕組みです。

このインセンティブで学歴関係なく高収入も可能です。

個人が契約に至るまでのプロセスはどうなっているのか?
つまり、心理状況やトークスクリプトなど研究を重ねることで獲得件数は高まります。

個人営業への就職なら営業職専門の転職支援サービス「いい求人net」の利用が最もおすすめです。

営業職特化型エージェントNo.1。
20代30代の若手営業経験者や未経験者の方でも経験豊富なコンサルタントがあなたに合った転職活動を徹底サポートします。

【仕事2】不動産営業

不動産の売買を行う「不動産営業」

不動産営業の年収が高い理由は扱う売買単価が大きい点。
東京の不動産購入価格は平均で6,000万円を超えています。
(出典:東京カンテイ「市況レポート」

扱う商材の価格が大きければ営業マンへのマージンも高くなります。

つまり、高収入が可能だということ。
不動産営業のトップセールスマンまでのぼりつめれば年収1,000万も軽く超えていきます。

不動産営業に就職したい方は営業職転職に特化した「ベンチャーセールス」の利用が特におすすめです。

内定率は驚異の95%!
優良企業1,000社以上の求人を扱う20代限定の転職エージェントです。

【仕事3】MR(Medical Representative)

製薬会社に勤務する「MR(Medical Representative)」

「医薬情報担当者」と呼ばれる製薬会社に勤める営業マン。
医薬品の情報を扱い、医療関係者に情報提供して自社の薬品を理解してもらうのが仕事です。

そして、MRの年収は他の営業職より高い特徴があります。

なぜなら、製薬業界の利益率の高さが関係しているからです。
不況下においても高い利益率を誇り、今でも特質な経営体質は健在です。
(出典:全国保険医団体連合会「日本の医療 世界からみると」

【仕事4】タクシードライバー

法人から個人まで活躍できる「タクシードライバー」

自動車免許さえ取ればすぐに転身可能。
タクシードライバーも営業職と同じくインセンティブがあります。

つまり、乗客に応じて報酬も上乗せ。
個人ともなれば年収1,000万円を超える人も出る学歴不問の高収入可能な仕事です。

【仕事5】トラック運転手

運送業に欠かせない「トラック運転手」

トラック運転手は人材不足が懸念されています。
(出典:国交省「トラックドライバーの人材確保・育成に向けて」

争奪戦も起きており年収は上昇傾向に。
職場改善に向けた取り組みや賃金の上乗せも行われています。

【仕事6】Webライター

Webメディアのライティング業務を行う「Webライター」

企業や個人がライティング案件を発注。
それら案件を受注しマニュアルに沿ってライティングする仕事。

案件の内容は千差万別でルールも様々。
ライターの経験やスキルがそのままダイレクトに活かせる仕事です。

Webライターの報酬形態は基本「文字単価」
何文字書いたかで支払われる報酬は決まります。

ですので、書けば書くほど稼げるおいしい仕事。
未経験からでも活動可能で、3か月後には月収30万円超えも狙えます。

【仕事7】ユーチューバー

YouTubeを使った動画配信者「ユーチューバー」

トップユーチューバーともなればその年収は億超え。
誰でも今すぐ始められる一攫千金も夢ではない大きなマーケットです。

【仕事8】漁師

意外な高収入可能な仕事が「漁師」

漁師になるのに学歴や試験は不要。
そして、漁師の年収は1,000万円超えも夢ではありません。

例えば、ホタテで有名な「猿払村」
先日テレビでも話題になりましたが平均年収は「813万円」

全国の自治体の中で3位の高さを誇ります。
(出典:AERA dot「東京じゃない!?年収ランキング3位は北海道の“村”だった」

堅実かつノースキルで高収入を狙うなら、漁師は視野に入れるのがおすすめです。

学歴と年収の関係から低学歴の採用市場における戦い方を解説

ここまで低学歴でも高収入を狙える仕事を解説してきました。
これらの仕事に就職できれば低学歴でも高収入の実現可能性は高まります。

ただ高学歴が上記仕事に参入してくると、低学歴は不利な立場に追い込まれます。
なぜなら、日本の就職市場は高学歴を求める傾向がいまだに強いからです。

では低学歴は今後、どのような戦略で臨めばよいのか?
長期的な視点に立った時に学歴と年収の関係から低学歴の採用市場における戦い方を解説していきます。

現実的に学歴も偏差値も高いほうが年収は高い

まずはじめに日本の就職市場の「事実」を解説します。
現実的に学歴も偏差値も高いほうが年収は高いのが日本の特徴的な就職市場です。

厚労省が公表する以下グラフをご覧ください。
学歴別にみた賃金の推移を示したグラフになります。

【学歴、性、年齢階級別賃金】

男女とも高学歴(大卒・大学院卒)のほうが高賃金であるのが明確です。

ただ特徴的なのは、スタートライン(20代)はどの学歴もほぼ同じ。
しかし、昇給スピードに大きな差が学歴間で開いていくのが分かります。

なぜこのような現象が起きるのか?
根底にあるのは日本型雇用システムが生んだ「学歴フィルター」に原因が隠されています。

ちなみに参考情報として。
出身大学別で年収を比較すると偏差値の高い大学ほど年収も高くなりがちです。

実はこの大学別で年収に差が生じる原因も新しい「学校歴差別」として問題視されています。

日本の就職市場は低学歴にとって不利

日本の就職市場は「募集・採用時」にその後の「人事制度」はすでに決まっています。

学歴差別、学歴格差の典型的な形は、大学卒、高校卒、中学卒などの学歴によって、募集・採用から入社後の部署・職務の配置、教育訓練、人事・昇進制度、賃金制度等に差をつけるシステムである。

これが「学歴フィルター」
低学歴ほど昇給スピードは遅く、出世すらできない実情があります。

つまり、日本の就職市場は低学歴にとって不利。
低学歴がどう足掻いても高学歴には勝てない構図が就職市場にできあがっているというわけです。

さらに大手企業は国公立大卒の採用を重視しています。
(出典:HR総研「2018年新卒採用動向調査 結果報告」

大企業ほど学歴は採用時の重要なファクターと断言できます。
言い換えるなら、低学歴は大手企業・有名企業への入社は厳しいことを意味します。

そして、企業規模間でも賃金格差は大きな開きが生じています。

上記の事実から低学歴(中卒・高卒およびFラン)の就職市場というのは、

  • 学歴フィルターで昇給・昇進は遅い
  • 大手企業・有名企業への入社も難しい
  • 進路は自ずと小企業(零細企業)へと流れる

従って、低学歴ほど年収は低くなってしまう構図が出来上がっている現状にあります。

でも低学歴でも高収入を狙える戦い方はある

でも低学歴でも高収入を狙える戦い方はあります。

就職市場で低学歴が非常に不利な立場にあるのは事実。
ただ、転職市場においては学歴以上にスキルや人物面を重視する企業が大多数を占めます。

【採用に学歴は関係ありますか?】

つまり、スキルを磨いて転職することが低学歴でも高収入を狙える戦い方といえます。

低学歴が高学歴に勝てる唯一の方法です。
スキルを磨くための勉強や努力を惜しみなく費やせる人が下剋上可能だと断言できます。

ではその「スキル」とは何を指しているのか?
磨けば下剋上できる根拠と身につけるための方法まで次章に詳しくまとめていきます。

学歴も年功も関係なく下剋上可能なスキルは1つ

学歴や年功ではなく実務重視のスキルを身につけるのが低学歴の戦い方です。

ではどんなスキルを身につければいいのでしょうか?
学歴も年功も関係なく下剋上可能なスキルは1つです。

それが「ITスキル」

ITエンジニアに欠かせないスキル。
低学歴が下剋上を果たせる根拠と今後ITスキルの需要が増える理由も解説していきます。

ITエンジニアの世界は学歴不要の「完全実力主義」

ITスキルを活かせる職種が「ITエンジニア」
このITエンジニアの世界は学歴不要の「完全実力主義」

給与水準に影響を与える要因は、ITのスキルレベルや成果を重視しています。

実際に活躍するエンジニアの学歴を見ると、低学歴でも遜色なく活躍しているのが分かります。

【最終学歴別に見た、スキルレベルの分布】

つまり、ITスキルを磨きてITエンジニアに転身できれば低学歴でも十分評価されることがいえます。

ITスキルを持つITエンジニアは「深刻な人材不足」

さらに現在、ITスキルを持つITエンジニアは「深刻な人材不足」

IoTやビッグデータ、AIなど世界は今「第四次産業革命」の真っただ中。
これらの産業を支える重要なキーパーソンがITスキルを持つ「IT・AI人材」

人材確保は世界の覇権争いにも直結する重大ミッション。
日本でも2030年には最大79万人のIT人材が不足すると政府が公表しています。

従って、ITスキルを持つITエンジニアの需要は今後も増加。
需要が高まるということは、年収も自ずと右肩上がりに増えることを意味します。

ITスキルを磨く最短ルートの方法が「プログラミングスクール」

そして、ITスキルを磨く最短ルートの方法が「プログラミングスクール」

20代であれば無料で受講できるスクールも存在します。
プログラミングのカリキュラム受講だけでなく転職支援も受けられるサービスもあります。

低学歴で歯がゆい就職活動を送ってきた。
転職で高学歴にも勝る下剋上を果たしたい!

そんな方に適したサービスが以下3つのプログラミングスクール。
スキルを磨いて高収入を狙いたい方は、ぜひスクールの門をたたいてください。

無料で受講可能!20代特化のおすすめプログラミングスクール3選

会社に縛られない働き方を選ぶならフリーランスがおすすめ

ITエンジニアを目指せば学歴に左右されない実力社会が待っています。

低学歴でも努力次第で高学歴に勝る下剋上が可能です。
がしかし、会社員である以上「学歴」の縛りは強いのは事実。

そんな会社に縛られない働き方を選ぶならフリーランスがおすすめです。

おすすめの職業は「フリーランスエンジニア」

フリーランスとは個人事業主のこと。
企業から案件を受注し仕事に取り組むスタイルで制約はありません。

ですので、学歴関係なく完全実力社会の中で生き抜くことになります。

また、人間関係や働く場所も自由に選択可。
学歴でマウントを取ってくる不毛な同僚・後輩もいません。

そして、フリーランスでおすすめの職業が「フリーランスエンジニア」

ITエンジニアで得たスキルをフリーランスとしても活用できます。
フリーランスエンジニアになるには、まずエージェント登録からはじめましょう。

エージェントサービス経由に開発案件を受注します。
中には福利厚生が充実するサービスもありフリーランス初心者にも安心です。

高単価の案件多数!フリーランスエンジニアへの転身におすすめエージェントサービス&案件情報サイト3選

まとめ:低学歴でも高収入を実現できるスキルがITスキル

低学歴でも高収入を狙える仕事と年功も関係なく下剋上可能なスキルをまとめてきました。

改めて低学歴でも高収入を狙える仕事をまとめると、

低学歴でも高収入を狙える仕事8選

  1. 個人営業
  2. 不動産営業
  3. MR
  4. タクシードライバー
  5. トラック運転手
  6. Webライター
  7. ユーチューバー
  8. 漁師

無料で受講可能!20代特化のおすすめプログラミングスクール3選