面接に受からない人の特徴10選と受かる人との違いとは【準備で勝敗が決まる】
悩む男性

「面接に受からない!なぜ受からないのか原因が分からない!このまま落ち続けると精神病む・・・どうすれば面接に受かりますか?」

こんな疑問、悩みに答えます。

このブログでは「面接に全く受からず悩んでいる人」に向けて、以下の内容・目的で記事を書いていきます。

この記事でお伝えすること(目次)

  1. 面接に受からない人の特徴10選
  2. 面接に受からない人と受かる人との違いは1つ
  3. 面接に受かる成功確率が上がる有効な対処法3選
  4. このままだと面接に受からない間違った対策3選

そうま@ブログ管理人そうま@ブログ管理人

「面接に受かる成功確率が上がる有効な対処法についても解説していきます。今まさに面接に受からず悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください!」

面接に受からない人の特徴10選

面接に苦手意識を持つ社会人は実に8割以上。

多くの社会人は面接が得意でないことが分かります。
そして、面接に受からない人には「ある特徴」があります。

先に結論からいえば「第一印象が悪い」
つまり、受ける人のパーソナルに原因があるといえます。
(出典:doda「採用担当者が面接で見ているのはどこ?」

受からないのはスキルや会話力だと思われがちですが違います。
実際、新卒採用の面接でも最も知りたいことは「入社意欲」と結果が出ています。

従って、面接の対応で第一志望でないことが分かればほぼ落ちることが確定します。

では具体的にどんな特徴があるのか?
面接に受からない人の特徴10選についてまとめていきます。

【特徴1】元気がないし覇気もない

「元気がないし覇気もない」

【特徴2】身だしなみが整っていない

「身だしなみが整っていない」

【特徴3】アイコンタクトができていない

「アイコンタクトができていない」

【特徴4】質問に対する回答ができていない

「質問に対する回答ができていない」

【特徴5】回答内容がネガティブ

「回答内容がネガティブ」

【特徴6】相手の話を聞いていない

「相手の話を聞いていない」

【特徴7】志望動機が不明確

「志望動機が不明確」

【特徴8】就職・転職理由が不明確

「就職・転職理由が不明確」

【特徴9】応募した会社のサービスを理解していない

「応募した会社のサービスを理解していない」

【特徴10】質問しない&逆質問を準備していない

「質問しない&逆質問を準備していない」

面接に受からない人と受かる人との違いは1つ

ここまで面接に受からない人の特徴についてまとめてきました。

では面接に受からない人と受かる人との違いは何でしょうか?

違いは一つだけです。
それは、会社に対する「本気度」

実際、現役の採用担当者が以下のようにコメントしています。

その人がどれくらい事前準備に時間を費やしたかという点では判断しません。費やした時間が5分であろうと1時間であろうと、面接本番までに必要な準備ができているのであればOKです。「時間がなかった」というのはなんの言い訳にもならない。その人の本気度の問題です。

そのためにも準備は必要なのです。
準備不足だと答えられることも答えられなくなる。

減点になってはもったいない

上手く話そうとしなくていい
きれいな言葉を使わなくていい

思いをぶつけることがなにより大事だというわけです。

面接に受かる成功確率が上がる有効な対処法3選

とはいえ、準備しても苦手意識は払しょくできません。
まして面接の緊張で面接官の質問意図を理解するのは至難の業。
(出典:doda「Q. 面接に合格するためのコツやポイントを教えてください」

ですので、的確に回答できるように面接対策・訓練が必須となります。

ここでは実績のある面接対策を厳選。
面接に受かる成功確率が上がる有効な対処法3選についてご紹介していきます。

【対処法1】就職エージェントを利用する

「就職エージェントを利用する」

面接対策に強い!20代向けの正社員就職を目指すおすすめ就職エージェント3選(Web面談実施中)

【対処法2】転職トレーニングサービスを受ける

「転職トレーニングサービスを受ける」

【対処法3】応募する業界を再検討する

疲れた女性

「なかなか面接に受からない。何社も落ちました、子持ち主婦です。なにが原因でしょうか?これまでは三年間イラストデザイナーの正社員として働き、結婚を機に旦那のご両親と暮らすことになり、田舎に引っ越しました。」
引用: Yahoo!知恵袋「就職活動」

「応募する業界を再検討する」

実績あるのに受からないのは応募する業界に問題あり。
スキルに見合った業界を選定し、応募することで面接攻略はうまくいきます。

このままだと面接に受からない間違った対策3選

最後にこのままだと面接に受からない間違った対策3選についてもまとめていきます。

【間違った対策1】ハローワークのみ利用

「ハローワークのみ利用」

【間違った対策2】転職サイト・求人サイトから応募

「転職サイト・求人サイトから応募」

【間違った対策3】友人にお願いして面接練習に付き合ってもらう

「友人にお願いして面接練習に付き合ってもらう」

まとめ:面接に受からない人と受かる人との違いは「本気度」

面接に受からない人と受かる人との違いに関する情報をまとめてきました。

改めて面接に受からない人の特徴をまとめると、

面接に受からない人の特徴

  1. 元気がないし覇気もない
  2. 身だしなみが整っていない
  3. アイコンタクトができていない
  4. 質問に対する回答ができていない
  5. 回答内容がネガティブ
  6. 相手の話を聞いていない
  7. 志望動機が不明確
  8. 就職・転職理由が不明確
  9. 応募した会社のサービスを理解していない
  10. 質問しない&逆質問を準備していない