ハローワークに求人を出せない会社はブラックです【理由と効果的な解決策】
疑問に思う女性

「ハローワークに求人を出せない会社があると聞いたことがあるけど、なぜ出せないの?もしかして労基法に違反するブラック企業だから?」

こんな疑問、悩みに答えます。

このブログでは「ハローワークの利用を検討している人」に向けて、以下の内容・目的で記事を書いていきます。

この記事でお伝えすること(目次)

  1. ハローワークに求人を出せない会社はブラックである理由
  2. ハローワークに求人を出す会社もブラックが多い理由
  3. ブラック求人を回避しホワイト企業に就職する効果的な解決策5選

そうま@ブログ管理人そうま@ブログ管理人

「ブラック求人を回避しホワイト企業に就職する効果的な解決策もまとめていきます。今まさにハローワークの利用を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください!」

ハローワークに求人を出せない会社はブラックである理由

あんたは、ハローワークに求人を出せない会社が存在することをご存知でしょうか。

いったいどんな会社なのか?
結論からいえば、労基法に違反するブラック企業です。

ブラックである理由は、改正職業安定法により求人不受理が可能になったから。

2020年(令和2年)3月30日から、改正職業安定法の一部や関連する政令・省令・指針が施行され、一定の労働関係法令違反のある求人者からの求人の申し込みなどを受理しないことが可能となります。このリーフレットでは、制度の概要や、業務運営などについて職業紹介事業者の皆さまにご留意いただきたい点をお知らせします。

今までの職業安定法では、求人受理は原則全件義務。
労基法に違反していても原理原則に従い運用されていたのが実情としてあります。

実際、求人不受理となった企業が存在します。
件数は230件で不受理の理由で最多は「労働時間違法」
(出典:久万田社会保険労務士事務所「若者雇用促進法」

つまり、ハローワークに求人を出せない会社は労基法に違反するブラックであることが明白です。

関連記事:ハローワークの求人はブラックばかり?【ホワイト・優良企業との見分け方も解説】

ハローワークに求人を出す会社もブラックが多い理由

ではハローワークに求人を出す全ての会社はホワイトなのでしょうか?

残念ながら違います。
ハローワークに求人を出す会社もブラックが多いという事実があります。

なぜハロワにはブラックが集まりやすいのか?
ハローワークに求人を出す会社もブラックが多い理由についてもまとめていきます。

【理由1】求人を掲載する会社の6割以上が零細企業だから

まず1つ目の理由が「求人を掲載する会社の6割以上が零細企業だから」

ハローワークの求人で特に多い企業規模は「中小企業」
中小企業の中でも従業員数100人未満の「零細企業」の求人が多いです。

でもこの零細企業の利用が「ハローワークはブラックばかり」といわれる最大の理由とみています。

なぜなら、法違反で最も多い企業規模が零細企業だからです。
(出典:東京商工リサーチ「「労働基準関係法令の違反企業332社」企業実態調査」

実際、採用担当者もハロワは零細企業が多いことを以下のようにコメント。

パソコンを打つ男性

「経営が厳しいというより、立ち上げて間もない。人件費にかける余裕が無い。来てくれるなら多少の事は企業も目をつむる。この辺りが主でしょうか。ハロワ案件が玉石混交と言われるのもこの辺りからですね。」
引用: Yahoo!知恵袋「転職」

関連記事:零細企業への就職はやめとけ?その理由と小さい会社に務める3つのリスクとは

【理由2】求人の掲載料は無料だから

2つ目の理由が「求人の掲載料は無料だから」

無料で求人を掲載できるということは掲載する企業の質も落ちます。

関連記事:「ハローワークが初めてで行くのが怖いです」←私の体験談と解決策を伝えます

ブラック求人を回避しホワイト企業に就職する効果的な解決策5選

悩む男性

「ハローワークに求人を出せない会社の理由も実態も分かったけど、じゃあ就職活動はどこで行えばいい!?ブラック企業にだけは入社したくない!」

結論、ハローワークを使ってもブラック企業は不可避。
ハローワーク以外の手段から就職活動は進めるのが無難です。

ではどうすればいいのか?
答えは「就職エージェント」を利用することで問題は解決できます。

実際、就職エージェントのUZUZでは以下のような取り組みがなされています。

【ブラック企業を排除した求人紹介】
ブラック企業に入りたくないあなたの気持ち、とてもよく分かります。ウズウズは紹介基準を満たさない企業と契約しません。実際に企業を訪問し、本当に納得できる求人だけを紹介します。また、入社した先輩から定期的にフィードバックをもらっているので、企業情報は常に最新の状態です。

ハローワークでは実現できない企業の訪問取材を徹底。
取り組みにより独自の厳しい掲載基準からホワイト企業のみを厳選し紹介できるスキームが確立されています。

つまり、ホワイト企業の求人を受けるなら就職エージェントの利用は必須だということです。

ここではブラック求人を回避しホワイト企業に就職する効果的な解決策5選についてご紹介していきます!

【解決策1】利用者数が延べ10万人超えの「就職Shop」

未経験から正社員就職を目指す「就職Shop」

これまでの利用者数は延べ10万人以上!
社会人未経験、職歴のないニート・フリーターなど20代若者に強い就職エージェント。

最大の特徴は求人の全てが「書類選考なし」
つまり、応募すれば面接に進めるポテンシャル重視の企業が揃っています。

大手人材紹介のリクルートが運営する人気のサービス。
正社員就職を目指したい20代無職に適した就職支援サービスです。

『就職Shop』公式ホームページはこちら!
【就職Shopの評判が気になる方はコチラの記事をご覧ください】

【解決策2】面接対策とサポート体制に定評のある「UZUZ」

他社の10倍サポートに時間をかける「UZUZ(ウズウズ)」

就業支援実績が累計35,000人を突破。
そして、無職・フリーター・大学中退・第二新卒・既卒の入社後定着率は9割以上!

内定率も86%と優れた実績をたたき出す最大の要因は「面接対策」

就職希望者に合わせた個別就業サポートを実施。
特徴は、他社の10倍サポートに時間をかけるオーダーメイド型サポート。

これにより、特に苦手な面接対策への取り組みが強化されます。

面接対策が苦手な方や対策そのもののやり方が分からない方。
キャリアカウンセラーと一緒に就職活動を乗り越えたい方におすすめの支援サービスです。

『UZUZ』公式ホームページはこちら!
【UZUZの評判が気になる方はコチラの記事をご覧ください】

【解決策3】就職相談しやすさNo.1の「第二新卒エージェントneo」

就職相談しやすさNo.1を獲得した「第二新卒エージェントneo」

就職支援実績は22,500人を突破!
熱い支持を集める理由に以下の3冠達成があります。

・面接対策満足度No.1
・就職転職満足度No.1
・就職転職相談しやすさNo.1

20代若年層に寄り添う就職支援が人気。
無職など職務経験がなくても就職支援実績は10,000人を超えています。

正社員に就職したいけど何から始めたらいいか分からない。
就職エージェントと合うのも怖い、そんな不安を抱える方に利用してほしい支援サービスです。

『第二新卒エージェントneo』公式ホームページはこちら!
【第二新卒エージェントneoの評判が気になる方はコチラの記事をご覧ください】

【解決策4】上京者向けの転居サポートも行う「キャリアスタート」

登録から転職成功まで最短2~3週間の「キャリアスタート」

キャリアスタート最大の特徴は「求職者と企業のマッチング分析」

求職者の性格からスキル、希望のキャリアをヒアリング。
本人の特性を見極めながら適した求人を紹介してくれる懇切丁寧なサポートが最大の強みです。

そして、紹介する企業もすべて調査済み。
好待遇案件を多数保有し、入社前後のギャップを取り除いてくれます。

自分に適した会社・仕事が何なのか?まだ分かっていない方の最初の利用に適しています。

『キャリアスタート』公式ホームページはこちら!
【キャリアスタートの評判が気になる方はコチラの記事をご覧ください】

【解決策5】正社員への内定率は驚異の96%を誇る「DYM就職」

正社員就職内定率は驚異の96%を誇る「DYM就職」

なぜ『96%』もの高い実績を出せるのか?
DYM就職最大の特徴は「一人ひとりに合わせた徹底サポート」

その結果、就職内定率は96%、最短1週間でのスピード入社を可能とする優れた就職支援サービス。

サービスの展開地域も全国32箇所開催。
(東京、札幌、仙台、横浜、名古屋、大阪、神戸、京都、広島、香川、福岡等)

また扱う求人はすべて正社員求人でブラック企業を徹底排除。
2000社の優良企業のなかからあなたのキャリア形成に合わせて紹介してくれます。

関東首都圏だけでなく地方在住者で効率よく就職活動を終えたい方に非常にマッチした就職支援サービスです。

『DYM就職』公式ホームページはこちら!
【DYM就職の評判が気になる方はコチラの記事をご覧ください】

まとめ:ハローワークに求人を出せない会社はブラックである理由

ハローワークに求人を出せない会社はブラックである理由と解決策をまとめてきました。

改めてハローワークに求人を出せない会社はブラックである理由をまとめると、

ハローワークに求人を出せない会社はブラックである理由

  1. 改正職業安定法により求人不受理が可能になったから

ホワイト企業の正社員就職を目指す!おすすめ就職エージェント3選(Web面談実施中)