学歴関係なく稼げる仕事10選【学歴不問のおすすめ職種に就くための対策も解説】
悩む女性

「学歴関係なく稼げる仕事ってあるかな?大学卒業してないから学歴不問のおすすめがあれば教えてほしい!」

こんな疑問、悩みに答えます。

このブログでは「大学中退や高卒など学歴がなくとも稼げる仕事を探している方」に向けて、以下の内容・目的で記事を書いていきます。

この記事でお伝えすること(目次)

  1. 学歴関係なく稼げる仕事10選
  2. 学歴関係ない仕事に就くための対策と内定率アップの方法
  3. 【参考情報】職種別にみた大卒以上を求める求人割合TOP5

就職や転職活動を考えた時に気になるのが「学歴」

大学中退や高卒でも仕事はあるのか?
結局、長時間労働のブラック企業しか選択肢はないのではないか?

このように考える人も多いです。

でも、適切な仕事選びの基準がぶれなければ必ず仕事に出会えます。
そして選考率アップの対策に多くの時間をかけるかも大切です。

学歴関係なく稼げる仕事と就職率を上げる対策まで詳しく解説していきます!

そうま@ブログ管理人そうま@ブログ管理人

「もし、今すぐ就職活動に動き出したい方は就活エージェントの利用をおすすめします。」

無料で手厚いサポートが受けられる!20代におすすめ就職・転職エージェント3選

【大前提として】高卒でも大卒以上の求人に応募は可能です

最初に大前提として高卒でも大卒以上の求人に応募は可能です。

以下、就職希望者の問いに対し人材紹介会社が回答しています。

Q.「大卒から」と記載されている求人に高卒でも応募していい?
A.合格の可能性は十分にあります。まずは書類選考突破に注力を。

もし、「学歴ないから仕事の選択肢がない。」
このように考えているなら、まず求人に応募してみてください。

提出する書類の内容によっては人事担当者の目に留まって面接に繋がる可能性もあります。

ただし、Q&Aにもある通り、選考通過のハードルは高いです。
そのための入念な準備と対策(自己分析や企業研究)が必要不可欠といえます。

そして一人で悩んでいても選考通過率は上がりません。
就職のプロ(就職エージェント)に相談して、適切なアドバイスと対策に向けたサポートを受けましょう。

おすすめの就職エージェントを3社厳選しご紹介します。
サービス利用はすべて無料です、利用しない手はどこにもありません。

無料で手厚いサポートが受けられる!20代におすすめ就職・転職エージェント3選

学歴関係なく稼げる仕事10選

心配な女性

「学歴なくても大卒以上の求人に応募できるのは分かったけど、それでも学歴関係なく稼げる仕事を知りたい!」

そのような方に学歴関係なく稼げる仕事10選をご紹介していきます。

まず学歴関係なく稼げる仕事にはどんな職種があるのか?
該当する仕事を選定するにあたり、以下の条件を設けます。

  • 資格がなくても就ける仕事
  • 給与所得者の平均年収以上の仕事

先にも紹介した通り「大卒以上」の求人でも学歴関係なく仕事に応募は可能です。

ただ、資格取得の有無は選定条件に含めます。
そして給与所得者の平均以上(436万円)の年収を稼げる仕事をまとめていきます。
(出典:国税庁「令和元年分民間給与実態統計調査結果」

【仕事1】WEBデザイナー

「WEBデザイナー」

【仕事2】工場勤務

「工場勤務」

【仕事3】期間工

「期間工」

【仕事4】長距離ドライバー

「長距離ドライバー」

【仕事5】タクシードライバー

「タクシードライバー」

【仕事6】漁業

「漁業」

【仕事7】農業

「農業」

【仕事8】建築現場作業員

「建築現場作業員」

【仕事9】とび職

「とび職」

【仕事10】清掃作業員

「清掃作業員」

学歴関係ない仕事に就くための対策と内定率アップの方法

ここまで学歴関係なく稼げる仕事をまとめてきました。

疑問に思う女性

「仕事は分かったけど、そもそも学歴不問の求人ってどれくらいあるの?」

学歴不問の求人割合は全求人の『40%』
(出典:doda「学歴は中途採用で求められる?学歴と転職の関係」

言い換えるなら『60%』が学歴を採用基準に設ける求人ということ。
半分以上が応募時点でハードルが高くなっているため、不利であるのに間違いありません。

つまり、対策を怠れば就職率は下がることが明白です。

ここでは学歴関係ない仕事に就くための対策と内定率アップの方法を解説していきます。

面接でアピールできる材料を準備しておく

「学歴不問」は上記の通り全ての学歴が応募可能な就職市場。
最もしのぎを削る就職戦線が繰り広げられる市場といっても過言ではありません。

なので面接でアピールできる材料を準備しておくことは対策として必須です。

資格、強み、得意なこと、面接対策、話し方など。
自己をアピールできる材料は事前に把握し、準備して臨むようにしましょう。

就職エージェントを活用して内定率アップを図る

そして第三者による就職アドバイスも必ず貰うようにしましょう。
それが就職エージェントを活用して内定率アップを図る方法です。

無料で手厚いサポートが受けられる!20代におすすめ就職・転職エージェント3選

この情報は嘘!学歴は関係なくてもスキルが必要な仕事

しばしば就職に関する情報をみていると嘘の内容を見かけます。

それは「エンジニア職」に関する情報。
謳っている内容は「スキルなく未経験からでも就職できるおすすめの職種がITエンジニア!」という内容。

ですがこれ、真っ赤なデマ情報です。
ITエンジニア職は学歴は関係なくてもスキルが必要な仕事です。

つまり、未経験からでは就職は非常に難しいのが実情。
基本的に経験者もしくはプログラミング学習経験者でないと採用されません。

なぜなら、研修や育成にコストをかけられないから。
(基本ITエンジニアの育成に要する期間は3か月以上)

この研修期間中に辞められては単なるコストでしかないですよね。
そのようなリスクを取ってまで企業側は採用する気はさらさらない、ということです。

ITエンジニアは将来性のある仕事であるのに間違いありません。
ただしかし、未経験から就職するのにはかなりのハードルがあります。

どうしてもエンジニアになりたい方はプログラミングスクールに通われることを強くおすすめします。

20代無職でも転職保証付きのスクールも多く存在します。

【参考情報】職種別にみた大卒以上を求める求人割合TOP5

学歴が重視される職種は何か?
最後に参考情報として職種別にみた大卒以上を求める求人割合TOP5をご紹介します。

【職種別】大卒以上を求める求人割合

  1. 金融関連専門職種(85%)
  2. 専門職種(71%)
  3. 医療系専門職種(61%)
  4. 企画・管理系職種(59%)
  5. 営業職(55%)

今後の就職活動の参考にされてみてください。

まとめ:学歴不問の求人は4割のみなので就活対策は必須

学歴関係なく稼げる仕事と学歴不問のおすすめ職種に就くための対策をまとめてきました。

無料で手厚いサポートが受けられる!20代におすすめ就職・転職エージェント3選