転職したいけどスキルがない20代は厳しい?【結論問題なし!転職成功術も解説】
絶望を感じる男性

「転職したい!でもスキルも資格も無いから転職は厳しいかな?20代の若さだけでは転職戦線は耐えられない?」

こんな疑問、悩みに答えます。

このブログでは「20代で転職したいけどスキルがなく躊躇している方」に向けて、以下の内容・目的で記事を書いていきます。

  1. 転職したいけどスキルがない20代は厳しいかの結論
  2. でも転職は早いうちに行動するに越したことはない
  3. 20代で転職成功率を上げる方法3選

スキルや経験がないと転職は不安に感じます。

なぜなら、選考時のアピール材料がないから。
どうせ転職は上手くいかないと行動する前から決めつけてしまいます。

でも、そんな方にこそ知って欲しい情報があります。
20代“だからこそ”スキルや実務経験がなくても転職に成功する理由。

20代の転職にスキルや経験は必要かの答えと転職成功率を上げる方法まで詳しく解説していきます!

そうま@ブログ管理人そうま@ブログ管理人

「転職を意識しているのであれば早く行動に起こしたほうがいい理由も解説していきます。今まさに20代で転職するか躊躇している方は、ぜひ参考にしてみてください。」

本記事のポイント

結論、スキルなしでも20代は転職可能です。
なぜなら、20代の採用基準はポテンシャル重視の企業が多いから。

30代以上と違って実務経験もスキルもない20代。
しかし、会社にも染まっておらず固定観念も無駄なプライドもついていない。

20代の持つポテンシャルを評価し採用に至るケースは多々あります

なのでスキルなし20代でも転職可能。
スキルがないからと気後れする必要はありません。

そして、転職活動時には転職エージェントの力を借りましょう。

あなたのキャリアに合わせて求人を紹介してくれます。
内定に影響する面接への対策も的確にアドバイスもらえて内定率アップに貢献できます。

無料で手厚いサポートが受けられる!20代におすすめ転職エージェント3選

転職したいけどスキルがない20代は厳しいかの結論

早速転職したいけどスキルがない20代は厳しいかどうかについてです。

結論はスキルがなくても転職は可能です。
なぜなら、未経験から転職に成功している年代において20代が最多だからです。

以下マイナビの調査の通り、20代の『81%』が未経験の職種・業界に転職成功。

実に5人のうち4人がスキルなしで転職に成功しています。
(未経験からの転職であるため、職歴上はスキルも実務経験もなしということになります)

つまり、20代はスキルがなくても転職可能であることが分かります。

ではなぜ、スキルなしでも20代は転職できるのか?
この理由について、20代にしかない価値や転職市場の特徴について解説していきます!

【理由1】20代の転職はスキルよりポテンシャル重視だから

まず1つ目の理由が「20代の転職はスキルよりポテンシャル重視だから」

そもそもなぜ20代はスキルないのに転職に有利だといわれるのか?

この答えはただ一つです。
20代の持つ「ポテンシャル」への「期待値」を企業は評価しているからです。

年齢を重ねるとどうしても固定観念は強くなりがちです。
企業に長く勤めれば、なおその会社の方針や理念に染まるのが会社員の宿命。

かつ実務経験を積めば、良くも悪くもプライドは高くなります。
30代以降に転職してきても独自の理念を押し付け自社に染まらないケースは多々あります。

しかし、20代の場合は違います。
社会人になってまだ数年、会社にも染まっておらず固定観念も無駄なプライドもついていない。

変な自尊心がないということは素直だということ。
物事に対する吸収する力は強く、早期に自社で成長してくれると企業は期待しています。

なので、20代はスキル(実務経験)ではなくポテンシャル(潜在能力)を重視しています。

関連記事:「20代で仕事が見つからない」は言い訳【無職経験者が論破しつつ解決策を提示】

【理由2】20代前半なら第二新卒枠で応募できるから

転職市場の採用枠で見たとき「20代前半なら第二新卒枠で応募できるから」

「第二新卒」とは?その意味を改めて確認すると、

第二新卒とは、一般的に学校を卒業後、一度就職をしたが数年の内に離職し、転職活動をする若手求職者を指します。年齢については一般的には卒業後約3年以内を指すため25歳前後とされますが、最終学歴によっても異なりますし、企業によってもそれ以上でも受け入れてくれるケースも多いため厳格な基準はありません。

大卒の場合、一般的に25歳前後までが第二新卒という扱い。
そして、企業も「新卒枠」「中途採用枠」とは別に「第二新卒枠」を設けるケースは多々あります。

その証拠にマイナビ調べで半数以上(51.6%)の企業が第二新卒を積極採用したいと回答。

さらに2030年までの見通しで新卒など若手人材確保の重要性は高まると半分の企業が回答しています。
(出典:マイナビ「マイナビ人材ニーズ調査」

つまり、今後も第二新卒の転職は有利にはたらくといえます。

関連記事:第二新卒の就活は厳しい?【戦略次第で内定率8割超!成功のカギは面接対策】

【理由3】20代中盤から後半も注目度の高い年齢層だから

そして3つ目の理由が「20代中盤から後半も注目度の高い年齢層だから」

一言でいえば「いいとこ取りの年齢が20代中盤~後半」
現場経験の有無が前提になりますが、第二新卒枠など転職を経てキャリアアップは十分可能です。

20代ならではの仕事に対しての吸収力の高さや、新卒入社からの基礎スキルの習得を終え、ある程度の現場経験を積んでいる方が多いため、採用企業にとってはこれからの管理職候補として一層の専門スキルの向上や、マネジメントを期待できる年齢層だからです。

女性に限らず男性についても同様のことがいえます。
つまり、20代中盤までの間にいかに経験がつめるかがキャリア選択の勝負の分かれ目といえます。

関連記事:無職でもなんとかなるのはお金とスキルがある人だけ【将来の備えは必ず必要】

でも転職は早いうちに行動するに越したことはない

ここまで20代の転職はスキルなくても有利であることを解説してきました。

でも転職は早いうちに行動するに越したことはないのは事実です。
なぜなら、転職しないまま30代を迎えスキルなどの実務経験がなければ転職は不利にはたらくからです。

実際、企業が30代に求めるのは「資格」ではなく「何ができるのか」

30代の転職者に対して企業が求めるものは、「持っている資格」よりも「何ができるか」といったスキル面です。例えば統率力や問題解決力、あるいは語学力やマーケティング能力などがあげられるでしょう。

30代になって転職のために資格取得など「知識」に走っても手遅れ、ということです。

つまり、20代の転職しやすい時期を利用し経験を積むのが賢い行動。
実務経験を積むことが、将来的なキャリア選択の幅をよりよい方向に広げてくれます。

関連記事:就職できる気がしない人に最適なサービスを紹介【内定率8割超の支援実績あり】

20代で転職成功率を上げる方法3選

頭をかかえて悩む男性

「今まさに20代で転職を考えている。でも転職できるか不安で勇気が出せず行動を起こせない・・・」

そんな方に!ここでは20代で転職成功率を上げる方法3選をまとめていきます!

まず転職成功率を上げる方法は「転職エージェントの利用」
利用すれば成功率(内定獲得率)は上がることが調査から明らかになっています。
(出典:マイナビエージェント「転職エージェントの利用で選考通過率・内定率がアップする秘密とは」

また転職についての相談相手で官民の中で最も良かったサービスに選ばれています。
(ハロワは『3.0%』に対し転職エージェントは『7.8%』と倍以上[出典:マイナビ調べ]

つまり、転職成功において転職エージェントの利用は不可欠といえます。

ただ、転職エージェントの数は現在非常に増えています。
どれを利用すればいいのか?何が自分に合っているのか迷うほど多くのサービスが存在します。

そこで!20代の転職に強い転職エージェントを3つ厳選してご紹介いたします。

【方法1】利用者数は延べ10万人越えの「就職shop」

転職・就職利用者数は延べ10万人を突破する「就職shop」

紹介可能な登録企業数は10,000社以上!
第二新卒・既卒・大学中退・フリーターなどに強い転職エージェント。

最大の特徴は求人の全てが「書類選考なし」
つまり、応募すれば面接に進めるポテンシャル重視の企業が揃っています。

大手人材紹介のリクルートが運営する人気のサービス。
社会人未経験でも利用可能、今一度正社員就職を目指したい全20代に適した支援サービスです。

『就職shop』公式ホームページはこちら!
【就職shopの評判が気になる方はコチラの記事をご覧ください】

【方法2】入社後定着率が9割超えの「UZUZ(ウズウズ)」

入社後定着率が9割を超える優れたサービス「UZUZ(ウズウズ)」

転職支援実績が累計35,000人を突破。
そして、第二新卒・既卒・フリーター・ニート・大学中退の内定率は86%以上!

優れた実績をたたき出す最大の要因は「面接対策」

転職希望者に合わせた個別就業サポートを実施。
特徴は、他社の10倍サポートに時間をかけるオーダーメイド型サポート。

これにより、特に苦手な面接対策への取り組みが強化されます。

面接対策が苦手な方や対策そのもののやり方が分からない方。
キャリアカウンセラーと一緒に転職活動を乗り越えたい方におすすめの支援サービスです。

『UZUZ』公式ホームページはこちら!
【UZUZの評判が気になる方はコチラの記事をご覧ください】

【方法3】専任キャリアアドバイザーと共に乗り切る「マイナビジョブ20’s」

専任キャリアアドバイザーと共に二人三脚で乗り切る「マイナビジョブ20’s」

20代の第二新卒・既卒に特化した転職エージェント。
人材紹介大手のマイナビが運営する転職支援サービスになります。

最大の特徴は「専任キャリアアドバイザー(CA)の質の高さ」

若年層の転職を熟知したCAが20代の転職をフルサポート!
選考通過率アップのための書類添削・面接対策はもちろん、内定後の年収交渉も行ってくれます。

また、9つの側面から求職者のパーソナリティーを測定する「適性診断」が受けられます。

客観的な適性診断は自己分析に役立ちます。
強みや弱み、向いてる仕事など情報をもとに納得のいく転職活動に近づけられます。

『マイナビジョブ20’s』公式ホームページはこちら!
【マイナビジョブ20’sの評判が気になる方はコチラの記事をご覧ください】

まとめ:20代転職はスキルよりポテンシャル(期待値)を重視

20代の転職でスキルがなくても有利な理由と転職成功率を上げる方法を解説してきました。

改めて20代の転職は他の年代に比べて有利な理由をまとめると、

  • 【理由1】20代の転職はスキルよりポテンシャル重視だから
  • 【理由2】20代前半なら第二新卒枠で応募できるから
  • 【理由3】20代中盤から後半も注目度の高い年齢層だから

採用基準、採用枠、企業の20代への期待値など。
総合的に判断しても20代の転職は他の年代に比べて転職しやすい環境が揃っているといえます。

「転職したいけどスキルがない」

スキルは後からでもついてきます。
20代という貴重な時間を過ごせるのは「今だけ」

転職を意識したらその日から行動に移しましょう。
より良い条件の求人は、あなたが悩んでいるその間にもライバルに先を越されていきます。

無料で手厚いサポートが受けられる!20代におすすめ転職エージェント3選