正社員に疲れた?きついなら辞めていい【働き方は多様で仕事が全てではない】
絶望を感じる男性

「正社員に疲れた・・・責任は重いし残業も多く、毎日仕事漬けの日々。。何のために働いているんだろう。辞めて別の働き方を模索しようかな・・・」

こんな疑問、悩みに答えます。

このブログでは「正社員の働き方に疲れて別の働き方を模索中の方」に向けて、以下の内容・目的で記事を書いていきます。

この記事でお伝えすること(目次)

  1. 正社員に疲れた?きついなら辞めていい
  2. おすすめの働き方は時間と場所に縛られないフリーランス
  3. 【体験談】一生フリーターだけはやめたほうがいい

あなたにとって、「働く目的」は何でしょうか?

半数以上の社会人が「お金を得る為」と答えます。
(出典:内閣府「世論調査」

でもお金を得る方法は、正社員でなくてもできます。
なぜなら、令和の新時代は自ら働き方を選べる時代だから。

仕事が全てではなく、人生の目的に注目したほうがより人間らしく生きられます。

正社員に疲れたあなたに、多様な働き方は準備されていることに気付いてもらうのが本記事の目的です。

そうま@ブログ管理人そうま@ブログ管理人

「今まさに正社員に疲れて働き方を見直したい、人生の目的が何か見つめ直したい方は、ぜひ本記事を参考にしてみてください。人生の選択肢を増やすきっかけになると思います。」

正社員に疲れた?きついなら辞めていい

  • 正社員という名の責任に疲れました。
  • 毎日残業、帰っても仕事、正社員はきつい。
  • プライベートの確保も難しい正社員に疲れた。

正社員に疲れたあなたに伝えたいこと。
それは「正社員に疲れたなら無理せず辞めていい」

なぜなら、働き方は正社員だけではないから。
これからの時代は、自ら働き方を選べる時代です。

正社員に疲れたなら無理せず辞めていい具体的な理由について解説していきます。

正社員以外の働き方を希望する割合は多い

正社員以外の働き方は経験してみないと分かりません。
でも統計的に見れば正社員以外の働き方を希望する割合は多いことが分かります。

厚労省が公表する就業形態に関する調査結果をご覧ください。

【今後も会社で働きたいとする正社員以外の労働者の働き方の希望】

正社員以外の就業形態を続けたい人の割合は『64.9%』
一方、正社員に変わりたい人の割合は『26.7%』と40pt近い差が生じています。

つまり、正社員以外の就業形態には需要があるといえます。

正社員とそれ以外の違いは何なのでしょうか?
簡単にいえば、労働時間と労働強度(責任)に違いがあります。

現代の働く目的は「プライベート重視」

では働くことへの意識はどのように変化しているのでしょうか?
大きく変化しつつあるのが現代の働く目的は「プライベート重視」

2000年まではプライベートより仕事を重視する時代でした。
しかし今では、いかに楽しく生活できるかを重視する傾向が強くなっています。

楽しく生活できて、かつ経済的にも豊か。
自分の能力を試したり社会貢献といった会社依存は薄れつつあるといえます。

正社員以外の働き方には需要があります。
なぜなら、労働時間は短く労働強度も低い特徴があるからです。

つまり、正社員以外の働き方が、現代の働く目的にマッチした就業形態だといえます。

令和の新時代は「働き方を選べる時代」

正社員という働き方が労働手段の全てではありません。
さらに同一労働同一賃金の施行によって、非正規社員との待遇差は解消が見込まれます。

つまり、令和の新時代は「働き方を選べる時代」

  • 契約社員
  • 派遣社員
  • 時短正社員
  • 地域限定正社員
  • パートタイム労働者

様々な就業形態が今日まで準備されています。

また正社員を辞めても出戻りという道もあります。
再び転職活動をはじめて、正社員に復帰することも可能です。

つまり、働き方は正社員だけではありません。
正社員に疲れたなら、一度辞めるのも十分選択肢としてありです。

これからは、自ら働き方を選べる時代。
働く目的に合わせて、就業形態は選べる時代だといえます。

おすすめの働き方は時間と場所に縛られないフリーランス

疑問に思う女性

「正社員以外の働き方なら何がおすすめ?働いたことがないから分からない・・・」

働き方が選べるといってもどんな働き方を選べばいいのか?

そんな方におすすめの働き方は時間と場所に縛られない「フリーランス」

なぜなら、働く目的にマッチした働き方を実現できるからです。
フリーランスの可能性や身につけるべきスキル、おすすめの仕事について解説していきます。

  • フリーランス人口および経済規模ともに増加傾向
  • スキル習得でおすすめは「ITスキル」
  • おすすめの仕事が「フリーランスエンジニア」

フリーランス人口および経済規模ともに増加傾向

フリーランス人口は増加傾向にあります。

2021年のフリーランス人口は「1,670万人」
人口が増えればマーケットも拡大し、経済規模は過去最大の「28兆円」

非常に大きなマーケットへと成長中。
つまり、フリーランスという働き方には大きな可能性を秘めています。

実際、フリーランスを選ぶ理由の多くは「働く時間/場所を自由にするため」
(出典:フリーランス協会「フリーランス白書2020」

正社員では実現不可能な働き方がフリーランスでは手に入ります。

そしてフリーランスという働き方を実現するために。
まず行うべきは、スキルを磨くことから始めましょう。

なぜなら、準備なくフリーランス転身はリスクだから。
スキルを磨いて、会社に依存しない強みを持つのがフリーランス転身の第一歩です。

スキル習得でおすすめは「ITスキル」

スキル習得でおすすめは「ITスキル」

ここでいうITスキルとは「プログラミングスキル」
システム開発・アプリ開発に欠かせないITスキルの一つです。

ではなぜ、ITスキルがおすすめなのか?
それは将来性があり、フリーランス転身に適したスキルだからです。

世界的にもITスキルを持つIT人材は不足しています。
(出典:Forbes「世界で80万人不足するAI人材、各国で苛烈な人材争奪戦」

その理由の一つが「急速なテクノロジーの進化」
これらIT産業を発展させる重要なキーパーソンがITスキルを持つIT人材というわけです。

そしてITスキルを身につける最短手段があります。
それが、オンライン受講も可能な「プログラミングスクールの利用」

20代であれば無料で受講できるプログラミングスクールもあります。

興味がある方、今後フリーランスとして生きていきたい方。
まずは無料のカウンセリングから受けてみて感触を掴んでみてはいかがでしょうか。

無料で受講可能!20代特化のおすすめプログラミングスクール3選

おすすめの仕事が「フリーランスエンジニア」

そして、ITスキルを活かしたおすすめの仕事が「フリーランスエンジニア」

海外だけでなく日本でもIT人材の不足を懸念しています。
それほどIT産業の発展は、世界全体の社会課題を解決する重要な要といえます。
(出典:経産省「IT人材需給に関する調査」

需要が伸びているのは民間のIT企業だけでなく、フリーランスとして活動するエンジニアにも注目が集まっています。

その証拠にフリーランスエンジニアの業界平均は「700万円~1000万円」
(出典:Midworks「ITフリーランスの年収とは」

会社員以上の待遇も努力次第で実現可能といえます。
エンジニア経験のある方であればフリーランス転身は容易です。

フリーランスエンジニアを目指したい方は、まずはITスキルを磨き経験を積むことから始めましょう。

そして、エンジニア経験を積んだらエージェントサービスに登録。
以下のエージェントサービスに登録することで開発案件の紹介を受けられます。

高単価の案件多数!フリーランスエンジニアへの転身におすすめエージェントサービス&案件情報サイト3選

【体験談】一生フリーターだけはやめたほうがいい

ここまで正社員以外のおすすめの働き方が解説してきました。

おすすめの働き方は「フリーランス」
ITスキルを身につけて、フリーランスエンジニアとして働くのがおすすめです。

飽きた女性

「正社員以外で自由に楽しく生きるならフリーターでいいじゃないの?」

「フリーター」という形態を選ぶ人も少なくありません。
ただ、体験談から一生フリーターだけはやめたほうがいいと断言します。

なぜなら、自由であって自由ではないから。
フリーターを選ぶには、以下のような「覚悟」が必要になってきます。

  • バイトなど非正規で、働き続けないといけない覚悟
  • 同年代との格差がひろがる現実を、受け入れる覚悟
  • 一生独り身で、最期も孤独に逝くかもしれない覚悟
  • 社会的信用力が底辺で、私生活に窮屈を感じる覚悟

フリーターほど人生ハードモードな生き方はありません。

スキルを磨いて将来性ある仕事に就くのが賢明です。
多様な働き方が実現可能な令和時代において、フリーターを選ぶのは非常にナンセンス。

フリーターだけは選ばないことを強く勧めます。

関連記事:一生フリーターなんて到底選択できなかった体験談【過酷な現実が待ってます】

まとめ:正社員に疲れたなら多様な働き方に触れて人生の目的を見つめ直す

正社員に疲れたなら辞めていい理由とおすすめの働き方に関する情報をまとめてきました。

おすすめの働き方は「フリーランス」
なぜなら、経済規模は拡大傾向にあり大きな可能性を秘めているからです。

具体的におすすめの仕事は「フリーランスエンジニア」
そのための身につけるべきITスキルが「プログラミングスキル」

令和の新時代は多様な働き方が選択できる時代。

正社員として働くのが全てではありません。
働く目的も「プライベート」を充実させる働き方は準備されています。

あとは、あなた自身が選択し行動して取り組むのみ。
行動することで、叶えたい将来、環境は手に入れることが可能です。

無料で受講可能!20代特化のおすすめプログラミングスクール3選