フリーターやニートでもリクルートエージェントは利用可能?【職歴なし向けに特化したサービス利用が賢明】
悩む男性

「フリーターやニートでもリクルートエージェントは利用可能?サポートもしっかり受けられる?職歴なしから正社員就職を目指したい!」

こんな疑問、悩みに答えます。

このブログでは「職歴なしから正社員を目指すべくリクルートエージェントの利用を検討している方」に向けて、以下の内容・目的で記事を書いていきます。

この記事でお伝えすること(目次)

  1. フリーターやニートのリクルートエージェント利用可否
  2. リクルートエージェントがサポート対応してくれるフリーター・ニートの特徴
  3. フリーターやニートにおすすめの職歴なし向け就職支援サービス5選

一度社会のレールから外れたフリーター・ニート。

私も経験があるので痛いほど分かります。
正社員を目指して就職活動するのは相応の勇気が必要だということ。

でも、残念ながらリクルートエージェントを利用するのは時間の無駄です。

もっと効率的かつ効果的なサービスが存在します。
フリーターはフリーター向けの就職支援サービスを利用するのが賢明。

リクルートエージェントの利用可否と職歴なしに特化した就職支援サービスを詳しく解説していきます。

そうま@ブログ管理人そうま@ブログ管理人

「今まさにフリーターやニートの状態から正社員を目指し奮起している方は参考にしてみてください。結果が残る適したサービスをご紹介していきます!」

フリーターやニートのリクルートエージェント利用可否【可能でも時間の無駄】

早速フリーターやニートでもリクルートエージェントは利用可能かどうかについてです。

結論からいえば利用可能です。
リクルートエージェントの利用規約にもしっかり明示されています。

Q.正社員としての就業経験がないのですが、転職支援サービスを利用できますか?
A.正社員としての就業経験がない方もご利用いただけます。しかし、弊社でお預かりしている求人は、即戦力を求めるものが多いため、実務経験を重視する傾向にあります。そのため、企業での正社員としての実務経験をお持ちでない場合、ご紹介の可能性は低くなりますので、あらかじめご了承ください。

でも、残念ながらリクルートエージェント利用は時間の無駄です。
なぜなら、フリーターやニートなど職歴なしの利用者に特化したサービスではないから。

つまり、(規約にも書かれていますが)十分なサポートを受けられない可能性が十分考えられます。

いったいどういうことなのか?
初めて利用予定の方に向けて、使わないほうがいい理由を解説していきます。

【理由1】フリーターやニート向けの求人は極めて少ないから

そもそもの話ですが「フリーターやニート向けの求人は極めて少ないから」

論より証拠ということで。
以下リクルートエージェントのフリーター向け求人情報をご覧ください。


*2021年6月11日調査時点の情報

リクルートエージェント保有の求人情報は10万件を超えています。
にもかかわらず、フリーター向けの求人情報はわずか「18件*」

求人保有割合は全体のうち『0.018%』
もはやゼロに等しい値で、情報がなければ期待もできません。

つまり、フリーターやニートはリクルートエージェントを利用しても時間の無駄だといえます。

関連記事:フリーターにおすすめできない転職エージェント3選【本当に使うべきサービスを厳選紹介】

【理由2】職歴ありの人材を対象にしたビジネスだから

ではなぜ、フリーターやニート向けの求人は極めて少ないのか?
それはサービス自体、「職歴ありの人材を対象にしたビジネスだから」

リクルートエージェントをはじめとする転職エージェントは企業からの成果報酬でビジネスが成り立っています。

上図の関係性を参考に転職エージェントのビジネスの流れを解説すると、

転職エージェントのビジネスの流れ

  • 転職エージェントが求職者に転職支援を提供
  • 求職者が転職エージェント経由で求人に応募
  • 無事内定が出れば求人企業は転職エージェントへ成果報酬

成果報酬の額は求職者のオファー年収の3割程度になります。
(つまり転職エージェントは手数料ビジネスということ)

転職エージェントと求人企業との間で取引が行われるため、求職者はサービスを無料で利用できます。

言い換えれば、転職成功率の高い求職者を対象にビジネスを展開しています。
なぜなら、転職できなければどんなにサポートしても成果報酬が一切入らないから。

リクルートの「転職支援サービス利用規約」に以下記載があります。

3.(サービスの提供)
リクルートは、以下のサービスの中から利用者に適切なサービスをリクルートの判断で提供するものとします。利用者は、利用者の経験、要望および求人の状況によっては、リクルートによるサービスが提供できない場合があることを承諾するものとします。

「利用者の経験」とは職歴のことを指します。
職歴がなければ十分なサービス提供が困難だと明文化されています。

従って、職歴なしのフリーターやニートには十分なサポートは受けられないことが明白です。

関連記事:【20代向け厳選】おすすめ転職エージェント&転職サイト25選!経歴・目的・職種別に徹底比較

【理由3】登録できてもサポートの優先順位は低いから

登録もできるし求人にも応募できます。
フリーターであってもリクルートエージェント経由で就職できる人もいます。

しかしビジネスの本質からみて「登録できてもサポートの優先順位は低いから」

リクルートエージェントのビジネスは「転職させてなんぼ」
転職させる求職者が多ければ多いほど潤うビジネスモデルです。

となると、求職者の優先順位は自然と決まっていきます。
転職成功率の高い求職者から順番に手厚いサポートを施すのは至極当然の話。

実際、登録できても連絡がないという口コミも散見されます。

パソコンを打つ男性

「使えはしますが、紹介されたり、合格するかは別問題です。登録はしたが、連絡がない人もいるようです。」
引用: Yahoo!知恵袋「転職」

止める女性

「対応はしてくれるでしょうが優先順位は低いでしょう。リクルートも商売でやっていますので、「この人のキャリア・スペックなら」という人から優先的に行います。こういう商売は基本的に年俸提示額の数10%が成功報酬としてリクルートに入る形ですので、上記のようにキャリア・スペックが低い方は企業側とのマッチングに時間が掛かる上に、年俸提示額も低いのでリクルートとしては美味しい相手ではありません。」
引用: Yahoo!知恵袋「転職」

つまり、フリーターやニートのサポートは後回しになりがちです。
就職はおろか連絡すらできなくなり、現状のニート状態から抜け出すことはできなくなります。

関連記事:大学中退者におすすめの就職エージェント10選【プロに相談し早期の正社員化を実現】

リクルートエージェントがサポート対応してくれるフリーター・ニートの特徴

時間の無駄といってもリクルートエージェントのサポートを受けられる人もいます。

受けられる人と手薄になる人の違いは何なのか?
結論からいえば「正社員就職の成功率が高いかどうか」

内定獲得率が高い人材であれば十分なサポートは受けられるといえます。

ここではリクルートエージェントがサポート対応してくれるフリーター・ニートの特徴について詳しくみていきます。

【特徴1】過去に正社員経験がある人

1つ目の特徴は「過去に正社員経験がある人」

正社員として就職するも何らかの事情で退職。
その後、ニートを経験して再就職を希望する求職者のことを指します。

最も正社員就職の成功率が高い人になります。
なぜなら、一度正社員として就職している実績があるからです。

就職できるということは企業にとっても欲しい人材だったということ。
十分リクルートエージェントを利用して正社員就職の実現可能性が高い人といえます。

関連記事:転職したいけどスキルがない20代は厳しい?【結論問題なし!転職成功術も解説】

【特徴2】大卒後2~3年ニートをしていた20代前半の人

就職成功者

「コーディネートしてもらえるかどうか紹介したところ、リクルートの方から断ってきました。経験が浅いということに加え、年齢が30歳ということでした。未経験なら24,5ぐらいまでで、あとはエキスパートな専門職、管理職の紹介みたいです。ニートでしたら学卒後2,3年のうちにと思います。」
引用: Yahoo!知恵袋「転職」

次なる特徴は「大卒後2~3年ニートをしていた20代前半の人」

いわゆる第二新卒に該当する人を指します。
25歳位までの若手であれば、職歴がなくても正社員就職のサポートを十分受けられます。

なぜなら、第二新卒の採用枠が企業側に準備されているから。
実際、リクルートエージェントの第二新卒向け求人情報は4,000件を超えています。


*2021年6月21日調査時点の情報

つまり、20代前半の若手であればリクルートエージェントの利用価値は十分あるといえます。

関連記事:20代で正社員になれない理由と特徴5選【登用制度は嘘?なれない原因もあり】

【特徴3】フリーター期間が短い人

そして3つ目の特徴が「フリーター期間が短い人」

ニート期間が短いほど正社員就職の確率は高まります。

実際、半年以内に正社員になれた人の割合は男性で『7割』
その後、期間が伸びるにつれてなれる確率は低くなることが以下資料からも明確です。

【フリーター期間別にみた正社員になれた者の割合(20~29歳)】

つまり、ニート期間は短い方が正社員就職には有利だといえます。

ではどれくらいの期間までなら許容範囲なのか?
一つのボーダーラインとしては「半年以内」

半年以内に就職活動をはじめて、内定が取れれば正社員就職の可能性は高まります。

関連記事:「20代で仕事が見つからない」は言い訳【無職経験者が論破しつつ解決策を提示】

フリーターやニートにおすすめの職歴なし向け就職支援サービス5選

リクルートエージェントのサポート対応は受けられるも時間の無駄です。
なぜなら、優先順位が低くなり内定獲得まで相当の時間と労力がかかるからです。

ですので、フリーターはフリーター向けの就職支援サービスを使うのが賢明です。

ここではフリーターやニートにおすすめの職歴なし向け就職支援サービスを紹介していきます!

その就職支援サービスというのが「就職エージェント」
フリーターやニートなど社会人経験がなくても正社員就職を徹底サポートしてくれます。

おすすめのサービスを5つ厳選し特徴や強みをまとめていきます。

フリーター・ニート支援に特化したおすすめ就職エージェント5選

【おすすめ1】エージェント利用が初めてなら「就職Shop」

登録企業数は10,000社を超えるリクルートグループ運営「就職Shop」

サービスの特徴・強み

  • 求人の全てが正社員&書類選考なし
  • 企業は100%取材しマッチングを重視
  • 就職成功者の4人に3人は正社員未経験

利用に向いている人

  • 社会人未経験の方
  • 幅広い職種の求人を見たい方
  • 多くの企業の中から就職先を決めたい方

『就職Shop』公式ホームページはこちら!
【就職shopの評判が気になる方はコチラの記事をご覧ください】

【おすすめ2】就職面接が苦手なら「UZUZ(ウズキャリ)」

入社後定着率は96.8%を叩き出す圧倒的サポートに自信の「UZUZ(ウズキャリ)」

サービスの特徴・強み

  • 他社の10倍就活サポートを実施(平均20時間)
  • 完全オーダーメイドの面接対策(1人約2時間)
  • 紹介求人の半数がIT関連の職種・業界

利用に向いている人

  • 面接に不安を覚える方
  • IT関連の仕事に就きたい方
  • 充実したサポート・講座を受けたい方

『UZUZ』公式ホームページはこちら!
【UZUZの評判が気になる方はコチラの記事をご覧ください】

【おすすめ3】30代で職歴なしなら「ジェイック」

39歳までサービス利用可能な「ジェイック」

サービスの特徴・強み

  • 求人の全てが正社員&書類選考なし
  • 対面での個別サポートが充実
  • 離職率の高い業界は一切紹介せず
    (外食、先物取引、投資用不動産、アミューズメントなど)

利用に向いている人

  • 18歳~39歳までの中退者や社会人未経験の方
  • ビジネスマナーも含めサポートを受けたい方
  • 対面での就職講座&面接会に参加したい方

『ジェイック』公式ホームページはこちら!
【ジェイックの評判が気になる方はコチラの記事をご覧ください】

【おすすめ4】相談のしやすさで選ぶなら「第二新卒エージェントneo」

就職相談しやすさNo.1に輝いた「第二新卒エージェントneo」

サービスの特徴・強み

  • スタッフ全員が第二新卒
  • 1人あたり平均10時間の手厚いサポート
  • 5,000件を超える未経験OKの求人紹介

利用に向いている人

  • スタッフも同じ境遇の担当者を選びたい方
  • キャリアコンサルタントの質で選びたい方
  • サポートだけでなくアフターフォローも受けたい方

『第二新卒エージェントneo』公式ホームページはこちら!
【第二新卒エージェントneoの評判が気になる方はコチラの記事をご覧ください】

【おすすめ5】内定獲得までのスピード重視で選ぶなら「DYM就職」

最短1週間でのスピード入社も可能な驚異の「DYM就職」

サービスの特徴・強み

  • 求人の全てが正社員&書類選考なし
  • カンタン60秒マッチングサービス実施中
  • 全国32カ所でサービス展開
    (東京、札幌、仙台、横浜、名古屋、大阪、神戸、京都、広島、香川、福岡等)

利用に向いている人

  • 幅広い業種から就職先を決めたい方
  • ブラック企業を排除した優良企業のみ紹介されたい方
  • 地方在住者で対面サポートを受けたい方

『DYM就職』公式ホームページはこちら!
【DYM就職の評判が気になる方はコチラの記事をご覧ください】

まとめ:フリーターやニートは自身の職歴に見合ったサービス利用が賢明

フリーターやニートのリクルートエージェント利用可否と職歴なし向けに特化したサービス紹介をまとめてきました。

改めてフリーターやニートはリクルートエージェントを使わないほうがいい理由をまとめると、

使わないほうがいい理由

  • フリーターやニート向けの求人は極めて少ないから
  • 職歴ありの人材を対象にしたビジネスだから
  • 登録できてもサポートの優先順位は低いから

フリーターやニートは自身の職歴に見合ったサービス利用が賢明です。

そのためのニート向け就職支援サービスが存在します。
フリーターやニートなど社会人経験がなくても正社員就職を徹底サポートしてくれます。

20代ニートに特化!正社員就職を目指すおすすめ就職エージェント3選(Web面談実施中)